ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なんと遺灰も埋め込める!故人の生前の姿を3Dフィギュアに「遺フィギュア」サービス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ここ数年、機材の低下価格化もあり3Dプリント関連サービスがアツいです。

製品のモック製作を3Dプリンターで行うというだけにはとどまらず、一般消費者向けのサービスも次々登場していますが、今回紹介するサービスはなんと故人の生前の写真をもとに3Dフィギュアを製作する「遺フィギュア(遺人形)製作サービス」

遺フィギュア製作サービスでは故人の写真1まいから3Dデータを製作。依頼から完成まで2か月くらいかかるそうですが、サンプルを見てみるとかなりリアルに仕上がるのですね。

元写真はスマートフォンで撮影したものでも良いそうですが、より綺麗に仕上げたい場合には一眼レフカメラで撮影するのがベストとのこと。

眼鏡、サングラスやバッグ、アクセサリーなどの装着はオプションで対応してくれて、さらにフィギュアの焼き増しも可能なのだそう。ここら辺は3Dプリントならでは。フィギュアの大きさは20~30cmほどで対応可能。

そしてさらに遺フィギュア製作サービスでは新しいサービスとして遺灰をフィギュアの中に埋め込むことができる「遺灰フィギュア」というサービスも開始するそうです。

サンプルでは専用のケースに入った遺灰を3Dフィギュアの背中に埋め込んでいますね。故人の偲びかたには人それぞれ考えがありますが、技術進歩あってこそのユニークなサービスですよね。

遺影写真から作成する3Dフィギュア「遺人形」製作サービス

via: PRでっせ

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

仏壇や位牌が家電に!?日本古来の伝統モチーフ「KITONAMI」がオシャレで超便利
仏様をもっと身近に。A4サイズの仏壇がついに登場
伊達政宗や秋田小町など東北地方といえば!な名物がフィギュアになった「みちのくフィギュアみやげ」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP