体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

町田のラーメンが熱い!鮪を使ったトリプルスープの『辛味塩そば』 @『81番』町田市 

No81-umakara014_R

『パパパパパイン』の2号店として、町田のラーメン屋さん『基』の跡地に新しくオープンした『81番』(No.81)は、ラーメン激戦区である町田市で徐々に知名度を上げつつあります。

というわけで『81番』では二つ目のレギュラーメニューとなる『辛味塩そば』を食べて来ました。

マグロを使った魚介出汁『うま味塩そば』

no81-umasio019_R

鶏のスープをベースに和風出汁とマグロの魚介出汁を加えたトリプルスープが、この『うま味塩そば』になります。

化学調味料を使わずに、塩味で勝負する『うま味塩そば』は町田を代表する一杯に数えられます。

「ラーメンにパインは必要無かったんや……。」

『パパパパパイン』の2号店であるにも関わらず、パインの存在を全否定して美味しいラーメンを求めた『81番』(No.81=ノーパイン)の店名は伊達じゃありません。

しかし!

オープン直後からメニューに載っている『辛味塩そば』は、ずっと”準備中”で食べる事が出来ませんでした。

no81-umasio000_R

「オープンまでには味がまとまらなかったのかな~」

と思いながら月日は流れ、今日に至ります……。隠されると見たくなる、食べられないと食べたくなるのが人間の性で御座います。

っていうか、どんだけ『辛味塩そば』を研究してんだよって思ったのは筆者だけでしょうか?

No81-umakara012_R

その後、ほぼほぼ忘れた頃に券売機に現れたのですが、あまりに待ち過ぎた為にモチベーションもピークを過ぎてしまった次第です。

No81-umakara013_R

「恋愛とラーメンはタイミングが大事である!」(43歳独身男性)

『辛味塩そば』を食す!

No81-umakara000_R

満を期して発売された『辛味塩そば』(820円)ですが、今回はレギュラー化してからチョイチョイ時間を置いてみました。

かなり研究とブラッシュアップに時間を掛けた様なので、筆者としても完成版と呼べるベストな状態の『辛味塩そば』を食べてみたかったのです。

その夢が、今ここにあります……。

No81-umakara015_R

ビジュアル的には『うま味塩そば』に謎の辛いっぽいペーストが加わった感じですが、まさにソレが正解で御座います。

この謎ペーストに凄い時間をかけて調整し、バランスを取っていたのです。これで味がイマイチだったら全力でディスる可能性は否めません。

スープは文句なしの出来栄えである!

No81-umakara018_R

オープン二日目の夜は”マグロが弱い”とディスった筆者ですが、今回はマグロの風味もばっちりで”トリプルスープ”と呼べる内容に満足で御座います。

煮干し系などの魚介スープを超越し、最近は”鮮魚系出汁”に挑戦するラーメン店がちらほら在りますが、レギュラー化している店はまだまだ少ないので

「マグロを出汁に使ったラーメン」

が気になる人はマッハで『81番』に訪れて下さい。見た目はあっさり淡麗系ですが、芯のあるスープは非常に完成度が高いと思われます。

麺は細麺と中太麺が選べる『81番』

No81-umakara020_R

ラーメンの種類自体は少ないものの、好みで細麺と中太麺が選べます。やはり人気があるのは全粒粉も入った細麺で、スープとの相性は抜群かと思います。

しかし!

細麺で十分美味しいはずなのですが、あえて”中太麺”も設定しているという事は、何かしらの意図があると思うので、次回は中太麺も食べてみる事にしようと思った筆者です。

ちなみに細麺はベストな状態で茹でられているので、初見で「麺堅め」とかはなしの方向でお願いしたい筆者で御座います。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。