ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

恵比寿のロブションがテラス席のサービスを開始!ロブション・プロデュースの3か月ウェディング・プランにも注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫


3月後半に入り桜前線がスタート!いよいよ本格的にアウトドアを楽しむ季節がやってきた。

東京・恵比寿にある「ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション」では、レストラン内に併設されているテラス席の営業を4月27日(水)より開始する。


恵比寿の「ロブション」と言えば、ガーデンプレイスを見渡す開放的なテラスがお馴染みだが、今年もここで限定ワンプレートランチやディナー、アラカルトのサービスが始まる。

「シャトーガーデン」の利用は10月30日(日)まで。テラス限定ワンプレートランチは 3300円で、前菜、スープ、メイン(魚料理又は肉料理)、パン、コーヒー又は紅茶付き。同スタイルのディナーは5500円となり、アラカルトでのオーダーも可能となっている。


また3ヶ月以内に結婚式を予定している方向けに「準備期間3ヶ月プラン」もスタート。

こちらは季節のお花に囲まれたテラス席で、挙式をはじめ、ウエルカムパーティやフラワーシャワー、記念撮影などが行なえるセットプランだ。


「準備期間3ヶ月プラン」は6月30日(木)までの全日程利用可能で、60名分の場合、通常価格より約38万円もお得な296万9900円から利用できる。

お料理から小物セレクトまですべて“ロブション・プロデュース”とくれば、誰もが憧れるラグジュアリーな式になること間違いなし!多忙なカップルにとって、こんなに心強い味方はないのでは?

1年で最も爽やかな新緑の季節、一生の思い出づくりはエレガントな「ロブション」で。プロポーズのディナーのあと、そのまま「3か月プラン」を予約するなんて、ロマンティックな荒業もありかも!?

ストレートプレス:STRAIGHT PRESS - 流行情報&トレンドニュースサイト
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP