ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GLIM SPANKY、ブラインドサッカー国際親善試合で国歌独唱&ホストを務めた『Virgin Rocks』が大盛況

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3月21日に開催されたブラインドサッカー国際親善試合『さいたま市ノーマライゼーションカップ2016』にて、GLIM SPANKYの松尾レミ(Vo.G)が国歌独唱を行った。

ブラインドサッカー日本代表公式ソングとして書き下した「NEXT ONE」が収録されているミニアルバム『ワイルドサイドを行け』が好評のGLIM SPANKY。ブラインドサッカー国際親善試合で国歌独唱を務めるのは、初めてのことで、国家独唱は2015年9月25日にMAZDA Zoom-Zoom スタジアムで行なわれた広島東洋カープ対阪神タイガース戦以来2回目となる。

松尾は試合前に日本代表選手にあいさつ。選手からは「未来に向けた大事な試合に来ていただき、ありがとうございます!絶対勝ちます!」と力強い言葉を贈られた。

そして、いざ開会式へ。無事国歌を歌い終えた松尾は「国際親善試合での国歌独唱とのことで、とても緊張しましたが、選手や観客のみなさんも一緒に歌っていただいて、会場全体の一体感を感じることができ、貴重な体験となりました。楽しかったです」とコメント。

ブラインドサッカー日本代表公式ソング「NEXT ONE」はIBSAブラインドサッカーアジア選手権2015に続き、ブラインドサッカー日本代表が韓国代表と対戦する今大会でも選手入場曲として使用され、韓国代表との試合は善戦しながらも1×1の引き分けという結果となった。引き続きお互いに世界を目指して戦うGLIM SPANKYとブラインドサッカーに新たな1ページが刻まれた。

また、イベントのホストをGLIM SPANKYが務めた、ユニバーサルミュージックのレーベルVirgin Musicが主催するRockイベント「Virgin Rocks』の第1回目が3月21日に渋谷eggmanにて行われ、彼らがおススメする二組のロックアーティストWalkings、Gliderとともにライヴを披露した。

このイベントは同レーベルに所属するロックアーティストが中心となり、定期的に開催されるイベント。当日は少しでも彼らのライブに触れたいオーディエンスで満員御礼状態に。

Walkingsは「俺は知ってる。まだみんなの中のロックが眠っていることを。目覚めさせてやんよ!」 と意気込みを語り、またGliderは「今日は日本語ロックの新しい扉が開くそういう日になればいいと思います」と述べた。

そして、無事ホストとしての大役をつとめあげたGLIM SPANKYは「我ながらいいイベントになりました。WalkingsもGliderもお客さんが全然いない時から一緒にやってきた仲間で、いいなと思った人たちみんなが彼らのファンになってくれたら嬉しいです!」とホッとした様子。

イベントのアンコールでは3アーティストによるザ・ビートルズの「ヘイ・ジュード」も演奏され、このイベントならではのパフォーマンスとなった。

次回のイベント開催予定等は『Virgin Rocks』オフィシャルHPにて後日発表の予定。お楽しみに。

■『Virgin Rocks』オフィシャルHP

https://virgin-rocks.officialsite.co/

■GLIM SPANKY オフィシャルHP

http://www.glimspanky.com

■WalkingsオフィシャルHP

http://walkings.wix.com/walkings

■Glider オフィシャルHP

http://glidertheband.jimdo.com/





カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP