体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

笹原由子先生の水彩パン画教室(ブレッドプラントOZ)

笹原由子先生の水彩パン画教室(ブレッドプラントOZ)

こちらがイラストレーターの笹原由子先生です。雑誌や広告、企業パンフレットなどのイラストを多数手がける笹原先生は、日常を題材にしたイラストが得意で、休日には時間をかけてパンを焼き、また、新しいお料理レシピに挑戦したり。パンの魅力にハマってからは、青山界隈のパン屋さんを自転車で巡りながら、美しいパンたちを素敵に描き、食していらっしゃいます。

笹原由子先生の水彩パン画教室(ブレッドプラントOZ)

このたび2回にわたり、水彩画で描くパンの講座をお願いしました。果たしてリアルなパンの絵に仕上がるのか?参加者の皆様、全員が不安を抱きながらのスタートでしたが完成した絵を全員が「自画自賛」!いえ、先生の手ほどきというか魔法というか、びっくりするくらい実物のようにパン画を描くことができて満足していただけたようでした。

笹原由子先生の水彩パン画教室(ブレッドプラントOZ)

今後も定期的に開催する予定です。描いたパンは食べてしまいますが、絵となって残り、そのパンと向き合った時間の思い出も心に残ります。店内で焼きたてのパンの匂いに癒されながらの落ち着いたレッスンです。お子様の参加もOKです。楽しいですよ!

バゲットOZ

笹原由子先生の水彩パン画教室(ブレッドプラントOZ)

焼きたてパンのいい香りを楽しみながらのパン画作業は、時には集中を欠くことも。バゲットの売れ具合が気になって仕方がない。笹原先生は月に一度OZさんで絵画教室を開催されているそうですが、その度に《日本のバゲット10選》にも選ばれたこの「バゲットOZ」を2本も購入するほど、大のお気に入りだそうです。小麦粉全粒粉、ライ麦、など4種類の粉をブレンドしオートリーズ法でゆっくり時間をかけて粉の風味を引き出しています。パリッとした外側に対してクラムはしっとり。一切れカットして口に運びだしたら、もうひとつ、もうひとつとカットして、瞬く間になくなりそう、胃袋にズンと残らない軽い食感、まっすぐな塩みに、ほんのりとした酸味がそれを追随する、味わい深いバゲットです。

クロワッサン

笹原由子先生の水彩パン画教室(ブレッドプラントOZ)

サクサクなクロワッサンもまた、パリでNO.1クロワッサンとして有名なメゾンカイザーで長年パン職人として研鑽を積み、深く極めた大島剛志シェフが大変思い入れのあるパンのひとつです。

笹原由子先生の水彩パン画教室(ブレッドプラントOZ)

昨今、バター多めの濃厚・芳醇なクロワッサンが話題になっていますが、それに比べるとOZさんのクロワッサンは、発酵バター使用と聞いておりましたが、控えめで後味が軽く、それでいてバターの香味がしっとりと中身にまとい上品な味わいでした。私は、この繊細な層を綺麗に描きたかったけれども実に難しく、最後に笹原先生に魔法をかけていただきようやく完成、さっそくかぶりついていましたら「おいしいでしょう〜」とシェフのお声掛けがあり、おもわず笑顔に。大好きなクロワッサンを描いてよかった!OZさんでもやっぱりこれ!☆人気NO.1。

笹原由子先生の水彩パン画教室(ブレッドプラントOZ)

パン・オ・ショコラもまた然り。美味。

《おすすめ》とまぴぃ

笹原由子先生の水彩パン画教室(ブレッドプラントOZ)

手のひらサイズのパンです。もっちりとしたフォカッチャでプチトマトを包み、粉チーズとオリーブオイルを振りかけグリルのように焼き上げた、可愛らしいサイズのおつまみパンです。プチトマトのジューシーな旨味がパンに絡みます。他にも店内は、「パンフォンデュラク」(湖の底の意)やそれにレーズンを練りこんだ「フォンデュラク・レザン」など、気になるハード系のパンも充実していてワインが欲しくなります。OZさんはどの大学駅(駒沢、都立、学芸大学各駅)からも少し距離がありますが、目の前は「成城石井」という別の意味で好立地、美味しいパンとワインが同時に購入できる、なんともワクワク感広がるエリアにあるんです。

桜も開花、季節ですね!

1 2次のページ
パンスタの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会