ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まるで魔法のよう。突然現れる巨大移動遊園地で感じるノスタルジー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドイツ北部の街・ハンブルクで開催される「ハンブルガー・ドーム(Hamburger Dom)」。
年間1000万人もの人が訪れる、北ドイツでも最大のお祭りです。


(C) Hamburg

ハンブルガー・ドームの由来

ドイツでは各地で「フォルクスフェスト」と呼ばれる伝統ある国民のお祭りが開催されます。
日本で最も知られているのはドイツ南部の都市・ミュンヘンのオクトーバーフェストでしょう。

それに対し、ハンブルガー・ドームは北ドイツを代表するお祭りです。その歴史は古く11世紀頃、中世にさかのぼります。

かつてマリエンドームという大聖堂があり、商人や職人、見世物師たちが寒さや風雨をしのぐため大聖堂の中で商売をしていました。大聖堂は老朽化を理由に取り壊されましたが、現在でもドーム(大聖堂)の名前が残っているのです。


(C) Hamburg


(C) Hamburg

突如現れる巨大遊園地

「ハイリゲンガイストフェルト(Heiligengeistfeld)」と呼ばれる、16万㎡もの広大な敷地に3,3kmにも及ぶ大通りが造られ、260もの興業者が参加するハンブルガー・ドーム。

開催日が近づくと、普段何もない広場に、観覧車やジェットコースター、お化け屋敷といったアトラクションのほか、仮設のバーやレストラン、屋台などが突如として出現するのです。


(C) Hamburg


(C) Hamburg


(C) Hamburg

この場所が普段は何もない広場だなんて信じられませんね。

まるで移動遊園地の魔法。

大規模なアトラクションだけでなく、昔ながらの射的ゲームのようなレトロなものも。新型のド派手なアトラクションとアナログなゲームとのコントラストもハンブルガー・ドームならではの楽しみです。


(C) Hamburg


(C) Hamburg

外国のお祭りなのに、なんだか子どものころに行った夏祭りや夜店を思い出すような懐かしさを覚えます。

屋台をはしごして色んなB級グルメを試してみるのもいいですね。もちろんソーセージやビールといった「ザ・ドイツ」の味も楽しめます。


(C) Hamburg


(C) Hamburg


(C) Hamburg

週末の閉場前には花火も上がりいっそうの盛り上がりを見せます。


(C) Hamburg

日本ではなかなか味わうことのできない、移動遊園地ならではのノスタルジーを楽しんでみてはいかが?

Hamburg official website
2016年の会期
春:3/18~4/17
夏:7/29~8/28
冬:11/4~12/4

[All photos by Hamburg official website]
[livedoorNEWS]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP