ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【大阪観光者必見!】古民家カフェや雑貨店、昭和の街並の残る「中崎町」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大阪梅田から徒歩15分の中崎町。大阪梅田の再開発の波が押し寄せることなく、この中崎町には昭和の街並が今も残っています。この地域には若い人たちが集まり、古民家を再生したカフェや雑貨屋があります。カフェも雑貨も店主の色が濃くでているユニークな店が多いのです。そんな中崎町を紹介したいと思います。

中崎町の魅力とは

中崎町に足を踏み入れると、懐かしい景色が広がります。子どもの頃に見ていた昭和の街並が残り、どこか温かみが感じられる町なのです。しかし、一度は人で賑わっていた中崎町も時代の波と共に活気が失われてしまいました。ここ10年ほど文化好きの若い人たちが集まるようになり、昔の建築物を利用したカフェや雑貨屋さんができ、息を吹き返したように、若いエネルギーが溢れる魅力的な町になりました。

路地裏にあるカフェや雑貨

中崎町を歩いていると、道と呼べないほどの通路を通って辿り着くようなカフェがあります。こんなところを歩いてもいいのかなと疑問に思いながら裏地に行くと、喫茶店や雑貨があります。どういった店があるのかなと散策するだけでも楽しいものです。

店主の色のあるカフェや雑貨

中崎町のカフェは他のエリアのカフェよりも店主の色が濃く反映されています。カフェの内装、インテリアや家具、流す音楽、そしてコーヒーもお菓子も全てにこだわりが感じられます。中崎町には万人受けするカフェというよりも、個性的なカフェが多く、それがこの町の魅力のひとつにもなっています。

中崎町の雑貨屋さんや洋服屋もユニークなお店が多いですね。

中崎町のおすすめカフェ うてな喫茶店

うてな喫茶店は古民家を再利用した喫茶店で、小さな看板が出ているだけで、見落としてしまいそうなほどシンプルな入り口。中に入ると薄暗い光が店内を優しく包み込むようで、ほっとする空間です。町家独特の内装は、まるで昭和時代にタイムスリップしたかのよう。

うてな喫茶店のメニューはいたってシンプル。コーヒー、紅茶、ジュースにトーストとケーキ。今人気のレトロ喫茶とはまた違う、静けさの中にも独特の空気がある素敵な喫茶店です。

■うてな喫茶店
住所:大阪府大阪市 北区中崎西1丁目8-23



中崎町は人との距離が近い町。訪れる度にその魅力を次々に発見することができますよ。

[てづくりのまち中崎 お散歩地図]
[All photos by Nanako Kitagawa]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

TABIZINE
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP