体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『エヴァ』の貞本義行氏らが「捨て看板」にイラスト

貞本義行氏が「捨て看板」描いた綾波レイ のイラスト

 鳥取県米子市で2011年9月23日から25日の3日間、駅前商店街全体が会場となった映画祭「米子映画事変」が開催された。同イベントでは、映画上映やトークライブ、ゆるキャラ大会のほか、廃材利用の「捨て看板」をキャンバスに、東日本大震災の被災地にエールを送る「ステカンCANVASプロジェクト」も実施された。

・「ステカンCANVASプロジェクト」の写真を見る
http://news.nicovideo.jp/watch/nw118231

 「ステカンCANVASプロジェクト」では、『新世紀エヴァンゲリオン』のキャラクターデザインを務め漫画版を描く貞本義行氏や、『ピンポン』の松本大洋氏、『魔法先生ネギま!』の赤松健氏といった著名漫画家、シンガーソングライターの泉谷しげる氏らの作品を展示。また参加費500円でのワークショップも実施され、参加費の一部は復興支援金として募金された。

 この記事では、「ステカンCANVASプロジェクト」の展示作品を写真でお届けする。

◇関連サイト
・「ステカンCANVASプロジェクト」の写真を見る
http://news.nicovideo.jp/watch/nw118231
・米子映画事変web
http://www.yonago-eiga.com/index.html

(安部伸介、写真・石津大助)

【関連記事】
ニコニコ動画、「侵略!?イカ娘」など秋のアニメ新番組12タイトルを無料配信
日本最大級のキャラクター&ホビーイベント開催 綾波レイ、ラブプラス寧々さんなど、多くのレイヤーも参戦
漫画原作の巨匠・小池一夫「『まどか☆マギカ』は僕の考えの上をいく作品」
コミケ閉幕 コスプレイヤーはまだまだいた 「まど☆マギ」「タイバニ」「アナログマ」
角川書店の井上社長「見た瞬間に何者かわかるのが、優れたキャラクターデザイン」

ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会