体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キッザニア東京の住宅建築現場がリニューアル!「大工体験」が可能に

キッザニア東京の住宅建築現場がリニューアル!「大工体験」が可能に

実在する企業がスポンサーとなり、90種類以上の職業体験などができる子ども向け施設「キッザニア東京」のひとつ、「住宅建築現場」がリニューアルされ、報道向けにオープニングセレモニーが開催された。新たに登場した「大工」体験の中身を紹介しよう。

「住宅建築現場」パビリオンがリニューアル

大工の職業体験は、全面リニューアルした住宅建築現場パビリオンで体験できる。出展元の大和ハウスによると、住宅建築現場パビリオンでは「家族が快適に暮らすためには、どんな『家づくり』が必要なのか」を子どもたちに考えてもらい、その意義と大切さを伝えてきたという。

2006年10月の出展時は住宅内部の材質や壁紙の色・素材を提案する「インテリアプランナー」体験、2010年4月のリニューアルでは高齢者や妊婦などに使いやすい住宅の計画を立案する「建築士」体験を行ってきた。そして2016年3月14日、2度目のリニューアルにあたる今回は、外壁パネルの交換や装飾工事を行う「大工」の職業体験に生まれ変わった。

これまでの「インテリアプランナー」と「建築士」は、プランを提案することが中心の“考える”体験だったが、今回の「大工」では、設計図に基づいて実際に工事を行う“手を動かす”体験へコンセプトを変えた。

大工体験は、「外壁工事」「庭工事」「バルコニー工事」の3つ

実際の体験は下記の流れで進む。

1.挨拶、仕事内容の説明

2.業務の説明、施工計画の説明、チーム分け

3.「外壁工事」「庭工事」「バルコニー工事」の3つのチームに分かれ、工事体験を行う

4.工事が終わったら、完成した現場を背景に集合写真を撮る

5.体験した子どもたちの感想を聞いたりするなど振り返りをする

1回の体験は40分間で、「外壁工事」「庭工事」「バルコニー工事」のうちどれか1つを体験することになる。1つの工事を体験した後に別の工事も体験したい場合には、再度受付をする必要がある。

それでは、実際の「大工」体験の様子を写真で紹介しよう。【画像1】住宅建築現場パビリオンは2階建て。1階で「外壁工事」「庭工事」が行われ、2階で「バルコニー工事」が行われる(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部) 【画像1】住宅建築現場パビリオンは2階建て。1階で「外壁工事」「庭工事」が行われ、2階で「バルコニー工事」が行われる(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)【画像2】実際の業務体験に入る前に、業務の説明、チーム分けが行われる(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部) 【画像2】実際の業務体験に入る前に、業務の説明、チーム分けが行われる(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)【画像3】「外壁工事」の様子。パネルを枠にあわせて取り付けていく(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部) 【画像3】「外壁工事」の様子。パネルを枠にあわせて取り付けていく(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)【画像4】「庭工事」の様子。庭にパネルを設置して、壁にも装飾のパネルを取り付けていく(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。