ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スパイカメラを使ってみました 正直持っているだけで後ろめたさ満載です

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


時々、通販カタログやネット通販で紹介されている「超小型カメラ」などのスパイグッズを見ることがあります。 
販売者も売れる物を買い付けているはずなので、スパイカメラもそれなりに人気があるのだと思いますが、どう考えても100%他人を欺くための道具としか考えられないです。 
そのスパイカメラ『Mactrem ビデオカメラ 超小型 隠しカメラ』をサンプル品としていただきました。頂いたのだから日の当たる場所で楽しく使える方法も模索しながら使ってみました。

意外に重厚な作りです

ハウジング(ボディ)は金属です。普通のカメラならハイエンド機種でないと採用されない金属です。まず、これだけで所有する喜びが、某スパイ映画のスーツケースに入っていてもおかしくない重厚感があります。本来なら『Q』が出てきて説明……。
でも、後ろめたいスパイグッズです。 

※Qは映画007で特殊道具を提供する役。


液晶モニターはありませんが、二色のLEDと二つのボタンで確実に動作を確認出来ます。赤が動画、青が静止画と覚えることは多いですが、これを使おうとするエージェントならこの程度は余裕で記憶です(エージェントとは味方スパイのこと、通常、スパイとは敵のことを指します)。


記録はMicroSDカードに行います。8Gのものが標準装備でした。


充電は専用USBケーブルで行います。専用ケーブルなので紛失厳禁です。

画質は記録程度の品質です

適当に撮影してみましたが、画質は「悪い」です。明るくても暗くても何が写っているかは分かる程度です。今の通常のカメラと比べると画質は比較できないくらい不鮮明です。

説明書には、旅行やスポーツにも使えると書かれていますが、いわゆる記念撮影的な目的には全く向きません。720pの画質とも書かれていますが、正直、センサーはそれ以下で引き延ばしている感じがします。このため、このカメラの用途は監視や盗撮向けなのではと感じました。


撮影すると上部にタイムスタンプが表示されます。証拠を残すという意味では嬉しいです。設定で消すことも可能です。


同じ倍率で引き延ばしました。(ドットバイドット)。 画質は黎明期のデジカメという感じですね。



日光が強烈に当たる部分でも、白飛びしたり黒落ちすること無く忠実に記録されます。

結局スパイ用途、普段は持ち運ばない方が良いです

画質が綺麗であれば、目立たないオンボードカメラや、他のカメラと干渉しない位置に設置してマルチアングル、ラジコンや鉄道模型に設置してオンボードカメラを楽しむなどの楽しみを考えてみましたが、画質が悪いので厳しいです。

ベビーシッターや介護士に不安がある、事務所で離席したときに誰かがいたずらしている、証拠映像をこっそりと撮影したいなどという目的用のカメラなのかなと感じました。 
今のところ筆者には不要なものですが、今の技術ではこのような監視用のカメラを作ることを出来るという事は知識として覚えておいても、問題ないと思います。いたずら厳禁です。

注意:目的なしに携帯しないで下さい。持ち運ぶときはケースに入れて、質問されたら明確な使用目的を言えるようにして下さい。

Mactrem Amazon.com
http://www.amazon.com/s?merchant=A1LSP2AXO1F31V[リンク]

Mactrem MC-Q5 Spy camera スパイカメラ 商品レビュー専門 YouTube
https://youtu.be/ZE3QUv01rbA

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 動画解放軍) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP