ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AA=、Masato(coldrain)とKoie(Crossfaith)とのコラボ楽曲の配信ジャケ写を公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2月に情報解禁されて以来、楽曲の全貌へ期待を寄せる声でラウドロックシーンを騒つかせているAA=×Masato(coldrain)+Koie(Crossfaith)名義での衝撃のトリプルコラボレーション楽曲「FREE THE MONSTER」が、ついに配信開始された!

世界中を魅了し続ける上田剛士(AA=)サウンドに乗せ、同じく今や世界中に名を轟かせている2組のラウドロックバンドのフロントマン、coldrainのMasatoとCrossfaithのKoieがボーカリストとして参戦したこの楽曲。内なる叫びを解き放つかの様なMasatoとKoieの強烈なスクリームが怒涛に繰り出され、上田剛士が創り出す狂暴なサウンドに絡み合う、AA=史上最狂&最重のヘヴィな楽曲になっている。上田剛士・Masato・Koieの内に秘めた“MONSTER”の片鱗が具現化された、世界の舞台を知る3人だからこそ創り得た究極の一曲に仕上がっており、今のラウドロックシーンで最重要曲になることは間違いない!

また、今回のジャケット画像だが、すでにリリースされている配信曲『→MIRAI→(ポストミライ)』『M SPECIES』に続き、国内外の賞を総なめにしている、モード学園(東京・大阪・名古屋)2015年度TVCMでもお馴染みの、イラストレーターshichigoro(シチゴロ)氏の書下ろしとなっている。前2作のジャケット画像をご覧いただくとお分かりになる通り、AA=の象徴でもあるブタマスクがリリースごとに崩れていくイラストとなっていて好評を博しているが、配信に先駆けジャケット画像が公開!「FREE THE MONSTER」ではマスクが崩れた先の顔が明らかになった。ベールを脱いだこのイラストが指す意味は?!続いていくAA=のストーリー。さらなる情報発信に期待だ。

【コメント】

■Masato(coldrain)

初めて対バンしてTAKESHIさんと出会った頃からAA=の曲で歌うという野望を抱いてました。

呼ばれただけでも最高なのにリスペクトする仲間とそのコラボレーションが実現してかなり嬉しいです。

TAKESHIさんの作った曲に2人共ボーカリストとしてのアイディアを盛り込む事が出来たしレコーディングもめちゃくちゃ面白かった。

FREE THE MONSTERはAA=だからこそ引き出せるcoldrain-MasatoとCrossfaith-Koieが聴ける曲になってると思います。頭を振らずに聴けないだろうなこれは笑

■Koie(Crossfaith)

初めてステージに立っているTAKESHIさんを見たのは2004年、それから10年以上。

憧れていた、そんな人物と1つの曲を一緒に作れる時が来るとはそのときは思っても見なかった。

そこに最高の友人でありながら最大のライバルであるMasatoと一緒に挑めた今回のプロジェクトは自分にとっても、今の音楽シーンにおいても最重要の一曲になる事は間違いない。

マジでヤバイ出来やから早くみんなに聴いてもらいたい!

FREE THE MONSTEEEEERRRR!!!!!

■上田剛士(AA=) ※2月15日公開済

音楽は国境を越えていく。

それは僕が経験から得た真実だ。

リアルな音の中には”特別な何か”が存在している。

それは普段はひっそりと隠れているけれど、音のエネルギーと共に姿を現してくる。

時代を超え、僕らの中に共通して存在している”特別な何か”。

それを僕らはこの曲で”モンスター”と呼んだ。

coldrainのMasatoとCrossfaithのKoieという、今まさに世界の舞台で戦う若者と今回一緒に音を鳴らした事は必然だったかもしれない。

この音で僕らの中に、そして皆の中にもきっと存在する”モンスター”を感じてほしい。

Photo by 浜野カズシ

配信「FREE THE MONSTER」/AA=×Masato(coldrain)+Koie(Crossfaith)
2016年3月18日(金) 配信開始

¥250

iTunes Store、Amazon、mora、レコチョク 他、各配信サイトにて配信中!

■iTunes

https://itunes.apple.com/jp/album/id1088150002?app=itunes&ls=1

■amazon

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B01C9PT770

■レコチョク

http://recochoku.jp/song/S1002982214/

■mora

http://mora.jp/package/43000005/VE3WA-17610/


カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP