体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【中国旅行者必見!】中国八大料理、それぞれの味の特徴と代表的な料理

薬膳や漢方といった体に良いイメージがある一方、脂っこくてちょっぴり重い・・・といった印象もある中華。でも、さすがは国土の広い中国。地域ごとに、味付けや素材の使い方がかなり異なります。

中華のイメージが変わる? 知っ得「中国八大料理」

北方出身の中国人一家と1年半ほど暮らした経験があるのですが、あっさりした味付けと野菜を多用する北方家庭料理の美味しさに開眼! トンカツやお寿司しか知らなかった外国人が「お浸し」や「煮物」に目覚めるといったところでしょうか。

それぞれの地域の料理の特徴を知れば、もっと中華が楽しくなるはず! そこで今回は、中華八大料理のおおまかな特徴と代表的な料理をご紹介します。地図と照らし合わせて、想像を膨らませてみてくださいね。

中華のイメージが変わる? 知っ得「中国八大料理」
(C) 中国まるごと百科事典

あっさり優しい味の「福建料理」

中国東南の沿岸にある福建省。海に面していることから、魚介類をふんだんに使った料理が多く、あっさり淡白な味付けで滋養に優れています。出汁に魚や牡蠣の乾物を使ったり、長崎ちゃんぽんを思わせるような麺料理があったりと、日本人の私たちにもかなり親しみやすい味付けです。

代表的な料理・・・海鮮燜麺(長崎ちゃんぽんのようなスープ麺)、太極明蝦(海老料理)、芋泥(タロイモをペーストにしたデザート)など。

中華のイメージが変わる? 知っ得「中国八大料理」
海鮮燜麺

素材の味を生かした「浙江料理」

風光明媚なことで知られる浙江省。上海からほど近い場所にありながら、とてもゆったりした雰囲気です。浙江省は魚やエビの産地で、料理の味は香り高く爽やかで淡白。素材の味を生かした料理が味わえます。また、この地域の歴史を反映した料理も多く、調理法もバラエティ豊かです。

代表的な料理・・・龍井蝦仁(海老を浙江省のお茶「龍井茶」で炒めたもの)、爆墨魚巻(イカの巻き揚げ)、東坡肉(豚の角煮)など。

中華のイメージが変わる? 知っ得「中国八大料理」
東坡肉 

海の幸・山の幸が豊富な「山東料理」

中国北方の山東省。明・清の時代には宮廷料理の主流とされる料理だったそうで、北京や天津など周辺の地域にも大きな影響を与えたと言います。現在は北京料理も含めて「山東料理」と呼ばれており、味の特徴は塩辛く、彩り鮮やか。海の幸・山の幸をふんだんに使った料理が楽しめます。

代表的な料理・・・水餃子、糖醋黄河鯉魚(黄河鯉の甘酢あんかけ)、羊肉湯(羊肉のスープ)など。

中華のイメージが変わる? 知っ得「中国八大料理」
水餃子

親しみのある「広東料理」

中華の中でも、世界で一番食べられている中華料理といえば南方の広東料理! 酢豚にチャーハンなど、普段から食卓に上るものがずらり。揚げ物、あんかけ、煮込み料理、揚げ炒めといったさまざまな調理法と、多種多様な食材を使った料理が味わえます。マカロニなど、外国の食材を料理に取り入れることも。香港料理もこのカテゴリーに入ります。

代表的な料理・・・土鍋飯(土鍋ご飯に肉や魚介類などの具を乗せてしょう油ベースのたれをかけたもの)、飲茶、フカヒレ料理など。

中華のイメージが変わる? 知っ得「中国八大料理」
飲茶

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。