体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マンガ『キングダム』に学ぶ、組織のリーダーに必要な要素とは――大事なことは全部マンガが教えてくれた

f:id:careerca:20151222105150p:plain

「マンガ」のあるシーン・ある言葉に、ハッと気づきを与えられたこと、勇気づけられたこと、ありますか?

普通に仕事をしているだけでは、なかなか気づくことのできなかった考え方など「マンガから学べた!」ってこと、あると思います。そんな仕事に人生にジンジン効いてくるマンガの1フレーズを、紹介する「大事なことは全部マンガが教えてくれた」シリーズ。f:id:careerca:20151222105220j:plain

(©原泰久 / 集英社)

秦の始皇帝誕生までを描いた大人気マンガ『キングダム』(©原泰久 / 集英社)には、数々の個性豊かな将軍が登場します。王騎将軍が言うように、「知略」に優れた将軍と傑出した「本能」を持つ将軍がいる中で、今回はそれぞれから偉大なる将軍をピックアップしてご紹介します。


本能で戦場の流れを読み取る将軍:麃公

f:id:careerca:20151222105237j:plain

(©原泰久 / 集英社)

秦の偉大なる武将麃公(ひょうこう)は、まさに「本能」で生きるタイプの将軍。独特の感性で戦局をかぎ分け、勝利を掴みとります。麃公将軍本人が圧倒的な武力を持っており、自らが最前線に立って敵軍へと突入することも多いです。

たとえば優秀な営業だった方の中には、緻密な分析に基づいて良い成績を残したタイプの方もいれば、独特の嗅覚で営業成績を上げた方もいるのではないでしょうか。もし後者の方が組織を牽引する立場になった際には、麃公タイプのリーダーになるかもしれません。しかし、感覚的な部分を他者が理解するのは難しいところがあります。そのため「この人の言うことなら間違いない」と周りに思ってもらえる信頼関係を築けるかどうかがポイントになるのではないでしょうか。

王騎をも超える知略を誇る将軍:李牧

f:id:careerca:20151222105316j:plain

(©原泰久 / 集英社)

趙の「三大天」と呼ばれる偉大な将軍のひとりである李牧は、戦場全体を俯瞰して二手三手先以上を読み通すその知略によって、秦の多くの武将を窮地に陥れます。あの六大将軍のひとり王騎すら、李牧の策略を読み切れず、最終的には命を落とす結果となるのです。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。