ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

それはリア充なのか?やや充なのか? 新発売のカクテル『ホームメイドスタイル』を飲んでみた!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


サントリースピッツが3月15日に発売した『ホームメイドスタイル』シリーズのカクテル3種を試飲した。
「手軽に手づくりのおいしさを味わうことが出来るカクテル」というコンセプトで発売されたカクテルはそれぞれアルコール度数は4%と低めなので、気軽に飲むことができるだろう。
その3種のデータとともに、記者の試飲レポートをする。

ホームメイドスタイル〈漬け込みベリーサングリア〉
果実をまるごとワインに溶かし込み、素材の味をじっくりと引き出しました。カシス、ラズベリー、クランベリーなど、8種類の果実が生み出す奥深い味わいをお楽しみいただけます。
・アルコール度数:4% ・果汁:5% ・容量:350m

ほのかなベリーの風味と甘さ、程よい苦みが舌ではなくのどに来る。「大人のびいる」的な飲み物。おそらく3種の中で一番癖のないナチュラルなテイストだと思う。

ホームメイドスタイル〈ジンジャー&シトラス〉
すりおろしたショウガを約5日間漬け込んだお酒とコトコト煮込んだしょうがシロップを使用。しょうがのピリッとした味わいを生かして本格的に仕上げました。
・アルコール度数:4% ・果汁:2% ・容量:350ml

鼻に広がるジンジャーの香りと、舌に広がるジンジャーの辛さ。甘くてドライな不思議な味は病みつきになるかも。

ホームメイドスタイル〈はちみつ&レモンピール〉
はちみつ漬けのレモンピールをお酒に約1週間漬け込んで作りました。レモンピールのほろ苦さと、はちみつのやさしい甘さが心地良い、素材の味が生きたおいしさです。
・アルコール度数:4% ・果汁:2% ・容量:350m

缶を開けた時のレモンの香りが印象的。さわやかなレモンの風味の中に隠れた蜂蜜の深い甘さがアクセント。

ところで、同社ではこの商品の販売に先駆けて、SNS限定動画(アニメーションGIF)を公開している。

「やや充」とは、インターネットでよく言われる「リア充」と対比して。頑張りすぎずお手軽に、でもしっかと充実感のある生活を手に入れようとするライスタイル。

ということになっている。
よくわからないが、要するに「頑張りすぎずにゆるく送る生活もたまにはどうぞ」という意味なのかもしれない。
確かに、カクテルとしては、手作りのテイストで素直に美味しいので、ほっとした夜を過ごせるような気はする。その意味では的を射ている表現ではないだろうか。

たまには自然なおいしさのカクテルで、やや充もリア充も通り越してしまうかもしれない「ホームメイドスタイル」で至福の充実感を味わうのもいいのかもしれない。

※写真はすべて記者撮影

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 古川 智規) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP