ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ウルトラ怪獣の百鬼夜行も!職人によってウルトラマンがついに浮世絵 木版画で発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

宇宙一のヒーローが浮世絵にならなくてどうするよ!

ウルトラマンが遂に浮世絵作品になって登場です。ぴあが今回発表した「浮世絵木版画ウルトラマンシリーズ」は、ウルトラマン、ウルトラ怪獣が職人の手によって木版画でよみがえった感涙のアート作品。

作品は2作品発表されており、まず1枚目はウルトラマンとゴモラの対決を描いた「ウルトラマンシリーズ 怪獣殿下」

ウルトラマンシリーズ 怪獣殿下

大阪城が完全に落城であります。これはウルトラマンの「怪獣殿下」のエピソードを題材に作成された浮世絵。

そして2枚目はウルトラ怪獣の百鬼夜行「ウルトラマンシリーズ 怪獣百鬼夜行」!百鬼夜行とは昔の物語に出る、深夜に徘徊をする鬼や妖怪の群れのことですが、今回徘徊するのはウルトラ怪獣。

ウルトラマンシリーズ 怪獣百鬼夜行

描かれているのは『バルタン星人』『ナース』『ガヴァドン』『ケムール人』『ヒッポリト星人』『モチロン』『タッコング』『ノーバ』『メトロン星人』『エレキング』『ピグモン』。

ウルトラ怪獣が詳しくなくともバルタン星人、ピグモン、エレキングあたりは見たことありますよね?

浮世絵版画は原画を描く絵師、版木を彫る彫師、原画の色に摺る摺師という職人の仕事が必要になりますが、浮世絵木版画ウルトラマンシリーズではすべての工程が職人の手によって仕上げられています。

浮世絵木版画ウルトラマンシリーズ2作は3月19日(土)午前10時から、特設サイトから販売受付スタートです。どちらも初版200枚限定販売となりますので、絶対ゲットしたい!という方はお忘れなく。

ウルトラマン放送開始50年記念商品 浮世絵木版画|チケットぴあ

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

ドラえもんと仲間達がお江戸に?ドラえもんの浮世絵木版画が販売へ!
合戦や戦争に注目した浮世絵展「浮世絵の戦争画」開催!歌川国芳や月岡芳年の作品も
ついに仏像専門店まで!仏像好きにはたまらないインテリア仏像ブランド「イSム」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP