ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・ソング・チャート】リアーナが通算4週目のNo.1をマーク、メーガン・トレイナー11位に初登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 リアーナの「ワーク」が、2位と差を広げて通算4週目の首位を獲得した、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 2位にランクインしている、ジャスティン・ビーバーの「ラブ・ユアセルフ」と、先週よりもさらに差を広げ、首位をキープしているリアーナの「ワーク」。3週前に公開されたビデオは1億視聴回数を突破し、デジタル・セールスも、エアプレイも好調。次週、5週目のNo.1獲得はかたいと予想される。同曲が収録されているアルバム『アンチ』からの、2ndシングルは未だ発表されていない。

関連記事リンク(外部サイト)

3月26日付 Billboard Hot 100 全米ソングチャート
3月26日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
リアーナが【グラミー賞】パフォーマンスをドタキャン、会場入りはしていた

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP