体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

沖縄古民家を守れ! 家賃3万円の定住促進プロジェクトとは?

沖縄古民家を守れ! 家賃3万円の定住促進プロジェクトとは?

沖縄本島の北部に位置する「伊是名(いぜな)島」。2013年から始まった「定住促進事業」のひとつとして、村に残る古民家の修復・復元を進めている。ここに東京から移住した家族を前回紹介したが、そもそも、これはどんなプロジェクトなのか、役場にその目的や成果をうかがった。

古民家修復・復元の話は、島のおじい、おばあから始まった

「瓦の重みで屋根がダメになってきている。もう1年も持たないよ。小さいころから見てきた家が朽ちていくのは、しのびない」。そんな話が伊是名村役場・上地史修さんの元に届いた。上地さん自身も那覇市から伊是名島に移って20年以上になる。「確かに引越してきたときと比べると、集落の風景は変わりましたね。民家も壊され空き地も増え、役場としても危機感を持っていました」

伊是名島は約1600人の小さな島だ。1時間もあれば、車で島中を見て回れる。島には5つの集落があり、集落ごとに碁盤の目のように住宅がまとまって立ち並んでいる。特に「伊是名集落」と「勢理客(じっちゃく)集落」は、約400年前に集落がつくられた当時のまま、沖縄の古民家、赤瓦の木造平屋の家が残っている。

それでも、じっくりと見て回ると、冒頭のおじい、おばあが嘆いたように、屋根がたわみ今にも崩れ落ちそうな家が何軒もあった。自力で修復していると思われる家もあった。まだ、家屋が残っていればいいが、中には石垣だけを残して取り壊され、畑として使っている土地も散見された。【画像1】(左)勢理客(じっちゃく)の集落。個人個人で修復しているようだが、昔ながらの沖縄の家の特徴的な赤瓦が少なくなっているのは仕方のないことかもしれない。(右)伊是名の集落に入っていくと、フクギ並木が続いているが、こうした風景も残していってほしいもの(写真撮影:伊藤加奈子) 【画像1】(左)勢理客(じっちゃく)の集落。個人個人で修復しているようだが、昔ながらの沖縄の家の特徴的な赤瓦が少なくなっているのは仕方のないことかもしれない。(右)伊是名の集落に入っていくと、フクギ並木が続いているが、こうした風景も残していってほしいもの(写真撮影:伊藤加奈子)【画像2】サンゴを積んだ石垣も、今では入手しづらいことやメンテナンスのしやすさなどの理由でブロック塀に代わっている家も。修繕で色の違いがあるサンゴの石垣も(写真撮影:伊藤加奈子) 【画像2】サンゴを積んだ石垣も、今では入手しづらいことやメンテナンスのしやすさなどの理由でブロック塀に代わっている家も。修繕で色の違いがあるサンゴの石垣も(写真撮影:伊藤加奈子) 【画像3】瓦の重みで屋根がたるみはじめている。あと何年持つのか。家が取り壊され石垣だけが残っている場所も多かった(写真撮影:伊藤加奈子)

【画像3】瓦の重みで屋根がたるみはじめている。あと何年持つのか。家が取り壊され石垣だけが残っている場所も多かった(写真撮影:伊藤加奈子)

島の人口減少を食い止める「定住促進事業」とセットで古民家を復元

伊是名村の古民家修復・復元プロジェクトは、平成25年にはじまった「定住促進事業」の一貫という位置づけになる。沖縄には竹富島や渡名喜(となき)島のように、島全体が国の重要伝統的建造物群保存地区に指定され、島ぐるみで沖縄の原風景を残していこうと取り組んでいるところもある。住民ひとりひとりが建物の保存、集落の維持のために尽力しているのだ。

「古民家の修復・復元にあたっては、文化財としての保存ということも検討しましたが、そのために住民の生活が規則で縛られてしまうことは避けたかった」と上地さんは言う。古民家が立ち並ぶ集落は、観光客を呼び込むことができる。しかし、移住定住者を増やし、地域に貢献してもらえる人材育成も村の重要な課題だった。

そこで、先行していた定住促進事業の一貫として、古民家修復・復元プロジェクトを組み込むことにした。伊是名村では、NPO法人が古民家「再生」を手掛け、観光客の宿泊施設などに活用しているが、宿泊に便利なように元の間取りを変えるなど、必ずしも昔のままというわけにはいかない。村は昔のままの建物の配置、外観、構造、間取りなど、昔の民家を再現させるため、あくまでも「修復・復元」にこだわった。

だから、古民家移住の募集要項には、住宅の維持管理、周辺も含めた環境整備をすること、原状変更をしてはいけないことなどが盛り込まれている。40歳以下で15歳以下の子どもがいることは定住促進事業ならではの条件だが、「古民家」の維持管理についても細かく規定されているのだ。家賃3万円、敷金なしとはいえ、気軽に移住できるというわけではない。

表と裏がはっきりと分かれた、沖縄独特の間取り

沖縄の古民家の造りは独特で、赤瓦の木造平屋建てという外観だけではなく、間取りも、いわゆる日本家屋とは異なる。【画像4】沖縄の島々で石垣や屋敷林の種類は異なるが、家の配置や間取りは、ほぼ同じ。日本家屋のような大黒柱を中心とした田の字型ではなく、「表と裏」の造りになっている。資料:『沖縄大百科事典』(沖縄タイムス社刊)

【画像4】沖縄の島々で石垣や屋敷林の種類は異なるが、家の配置や間取りは、ほぼ同じ。日本家屋のような大黒柱を中心とした田の字型ではなく、「表と裏」の造りになっている。資料:『沖縄大百科事典』(沖縄タイムス社刊)

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。