ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

VR視聴に対応したWEBカメラ「WebEyeVR」がKickstarterで発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映像を 3D 視聴できるバーチャルリアリティな WEB カメラ「WebEyeVR」が KickStarter で発売されました。WebEyeVR は、カメラを 2 つ搭載した PC 接続用の WEB カメラで、撮影した映像を Cardboard や Gear VR などの VR ヘッドセットで立体視できます。WEB カメラの VR 版といったものです。WebEyeVR では 2 つのカメラで 160 度アングルの映像を撮影でき、それを PC / Mac 用の専用ソフトウェアからライブ配信することもできます。視聴者側は Oculus Rift や Gear VR などの VR ヘッドセットを利用すると、WebEyeVR に映る人物や空間をまるでその場にいるような感覚で視聴することが可能になります。WebEyeVR の価格は $250(Developer Kit) / $320(コンシューマエディション)で、まずは Developer Kit が 4 月に発送されます。Source : Kickstarter

■関連記事
夜になると画面の色を変化させてブルーライトを軽減するアプリ「f.lux」がGoogle Playストアにリリース
Android Nの新機能 : Google Playのアプリダウンロードが通知空キャンセル可能に
2015年のスマートフォン市場でSony Mobileの平均端末価格は他社のほぼ倍

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP