ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

3秒で細菌の99.9%が死滅!ボーイング、飛行機用の全自動殺菌トイレを開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

飛行機のトイレはお世辞にも快適とは言えない。狭いのはスペースの問題上、仕方ない面があるが、清潔性はなんとかならないかbennki

そんな風に考えているのは、航空機メーカーも同じのようだ。米ボーイングはこのほど、UVライトを活用した全自動殺菌トイレのプロトタイプを公開した。わずか3秒で細菌の99.9%を死滅させるという。

・消臭効果も

このトイレは、使用後に客がトイレを出ると、自動で青いUVライトが個室中を満たし、便器・手洗いシンク・壁などあらゆるところの表面を殺菌する。

その際、便器のフタは自動で開いて便器の内側や便座も殺菌される。使われるUVライトは人体には悪影響はないものの、細菌類を99.9%死滅させるパワーがあるとのこと。加えて、消臭効果もあるという。

殺菌にかかる時間はわずか3秒。よく食事後にはトイレ前に列ができるが、これなら長く待たされるということはなさそうだ。

・随所にタッチレス

また、この最新トイレは、より衛生レベルを高めようと、タッチレス機能が随所に配置されている、センサーに手をかざして便器のフタを開閉でき、ゴミ箱のフタもペダルを踏んで開けられる。

石鹸ディスペンサーや、洗った手を乾かすハンドドライヤーもセンサーで作動する。

現在のところ、このトイレはまだコンセプト段階で、まずは4月にドイツで開催される航空機用内装品・設備の博覧会で展示される。

こんなトイレなら、長時間フライトも苦痛じゃなくなる、という人は結構いるのではないか。1日も早い実用化を期待したい。

ボーイング

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP