ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新型バス2024台、設備投資に1470億円!ニューヨーク市がWi-Fiと充電ポートを備えたバスを投入

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インターネットは、もはや電気や水道と同様、社会インフラとなっている。スマホなどモバイル端末が浸透し、私たちはどこに行くにも“つながって”いようとするし、絶えず端末のバッテリー残量を気にしている。

そうしたトレンドに合わせ、米国ニューヨーク市はWi-FiやUSB充電ポートを備えた新型バスを導入する。向こう5年間に2042台を順次投入する計画で、第一弾は4月にお目見えする。

・車両内に充電ポート35〜55カ所

この新型バスでは、誰でも無料Wi-Fiを利用でき、乗客は移動しながら電波が届きにくい場所でもインターネットなどを楽しむことができる。月々のデータ使用量に制限があるプランを利用しているスマホユーザーにとっては特に嬉しいサービスだ。

また、この新型バスにはUSB充電ポートが35〜55カ所設置されているとのこと。スマホのバッテリーがピンチだけど出勤しなきゃ!という時、移動時間を充電にあてられるのはありがたい。

・観光客にも嬉しい

ニューヨーク市によると、毎日200万人が同市都市交通局(MTA)運営のバスを利用しているという。世界随一の観光都市NYC、市民はもとより観光客も恩恵を受けられる。

ちなみに、この新型バス導入にかかる費用は13億ドル(約1470億円)で、保有車両の40%が新型に置き換えられることになる。

日本では既に2014年から都営バスにWi-Fiが搭載されているが、充電ポートは長距離移動用のバスで採用されているケースはあるものの、街乗り用のバスでは採用されているところはあまり聞かない。

ニューヨークでの取り組みは、他の観光都市への影響がありそうなので、動向を見守りたい。

New York State

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP