体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いつか行ってみたい!2015年新たに世界遺産入りした最旬スポットを厳選!

2015年に新たに登録された世界遺産のうち、行ってみたくなる3スポットを厳選してご紹介します。

1.明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業(日本)

行ってみたい!2015年新たに世界遺産入りした最旬スポット3選

1850年代から1910年にかけて、日本の重工業化を支えた産業遺産です。南は鹿児島から北は岩手まで、本州に幅広く点在する23の資産からなっています。特に注目なのが、通称「軍艦島」の名で知られる長崎県の端島(はしま)炭鉱です。

行ってみたい!2015年新たに世界遺産入りした最旬スポット3選

「007 スカイフォール」の舞台となったこともあり、国内外から「荒廃ぶりが美しい」と感嘆の声が挙がっています。

石炭採掘がさかんになった端島は、炭鉱都市として栄えました。幅160メートル、長さ480メートルと小さな島でありながら、最盛期には5000人を超える人々が暮らし、人口密度が当時の東京の9倍にも達していたほどです。

行ってみたい!2015年新たに世界遺産入りした最旬スポット3選

1974年に採掘が終了となり、すべての島民がこの島を去ったために、現在は無人島となっています。

行ってみたい!2015年新たに世界遺産入りした最旬スポット3選

2.パレルモのアラブ=ノルマン様式建造物群およびチェファル大聖堂、モンレアーレ大聖堂(イタリア)

行ってみたい!2015年新たに世界遺産入りした最旬スポット3選

イタリアのシチリア島の州都・パレルモとその近郊の町にある、9つの歴史的建造物からなる遺産です。パレルモは、アラブ・ノルマン王朝時代の栄華の面影が残る港町。

行ってみたい!2015年新たに世界遺産入りした最旬スポット3選

パレルモでもっとも重要な建造物であるノルマン王宮は、9世紀にアラブ人が建設した城を、12世紀にノルマン王が要塞と王宮に拡大したものです。

行ってみたい!2015年新たに世界遺産入りした最旬スポット3選

パレルモ大聖堂は、7世紀の教会がアラブ支配時代にモスクとなり、ノルマン王の時代に再び教会に戻った歴史をもちます。

行ってみたい!2015年新たに世界遺産入りした最旬スポット3選

パレルモにほど近い、モンレアーレの大聖堂には、216本もの大理石の柱が使われた回廊が当時のまま残ります。

行ってみたい!2015年新たに世界遺産入りした最旬スポット3選

大聖堂内部は、金地に鮮やかなモザイク装飾で彩られており、ため息が出る豪華さ。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。