ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ピンバッジにデジタル化の波!?写真やgifアニメが表示できる“デジタルピンバッジ”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ファッションは自分を表現する1つの手段」というこだわりの人に、「Pins Collective」が手がける“デジタルピンバッジ”を紹介したい。

一見すると伝統的なピンバッジの形状をしているが、実は現代風のウェアラブルツール。

好きな画像やイラストを選び、バッジのデザインを自在に変更できるので、その日の気分に合わせて装いを楽しめる。

しかも、数クリックするだけのお手軽さ、1秒とかからずにデザインを変更でき、gifアニメーションをバッジに表示させることもできるという。

・写真をアップして使ったり、自分でデザイン制作も

ユーザーは専用のiOS、Androidアプリを通じて、好きなデザインを探したり、自分でデザインを制作することも可能だ。

特別なデザイン知識がなくても、背景のパターン、カラーを組み合わせたり、テキストを入力したりして、簡単にオリジナルデザインをカスタマイズできる。

また、自分で撮影した写真をアップロードしたり、画像を組み合わせてgifアニメーションをつくって表示させることも可能。なんといっても、“デザインが動く”ピンバッジなんて、非常にユニークなはず。

・コミュニティを用意

「Pins Collective」のコミュニティには、すでに何名かのアーティストが参加しているが、開発チームとしては、アマチュアからプロのアーティスト、企業ブランドやデザイナーまで、より多くの人に加わってもらいたい意向だ。

家族や友人をつなぐだけでなく、好きなアーティストやブランドが同じ、共通の趣味をもつ人たちをつなげるコミュニティとして機能させていきたいとのこと。

また、今年後半にはPinOSプラットフォームやSDKを公開する見込みで、将来的にはこのピンバッジ向けのさまざまなアプリが開発されることが期待される。

・Kickstarterで出資を受付中

現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで4月1日まで出資を受付中。オシャレで自己表現したいアナタ、洋服やカバン、帽子にバッジを付けて、自分らしさを表現して楽しんでみては。

Pins Collective

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP