体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

福岡県民の大好きな梅ヶ枝餅を3倍美味しく食べる!?梅ヶ枝餅トリビア

f:id:mesitsu_lb:20151130123511p:plain

天神様こと菅原道真公を祀る太宰府天満宮は、福岡を代表する観光名所の一つ。初詣でや受験シーズンに突入するこれからの季節はものすごい数の参拝客でごった返します。

最近は特にアジア系の観光客で賑わっていて、最寄りの西鉄太宰府駅から天満宮へと続く表参道は「△ζ◎ξ%☆?」「◆λ◯β$♡龗龗!」と日本らしからぬ喧騒に包まれています。

f:id:mesitsu_lb:20151130123608p:plain

お土産屋さんが立ち並ぶ参道の中でも十数メートルおきに行列ができているのは、太宰府名物・梅ヶ枝餅の店。

梅ヶ枝餅と言っても別に梅の枝が入っている訳ではなく、シンプルなアンコ入りの焼き餅で、その名前は大宰府に流され軟禁状態だった道真公に近くの老婆が餅を梅の枝の先に刺して格子の隙間から差し入れたという伝説に由来しています。

お土産物の甘いものは往々にして地元の人は見向きもしないということ多いものですが、梅ヶ枝餅はさにあらず。

ほんのりとした上品な甘さで、福岡県民ならみんな大好き。

辛党でも梅ヶ枝餅なら食べるという人も多いのです。

f:id:mesitsu_lb:20151130123726p:plain

食べる人によって違う? 梅ヶ枝餅の2つの食感

この手の餅菓子には餅や餡の種類によってチョコレートとかカスタードとか抹茶風味とかバリエーションがありそうなものですが、梅ヶ枝餅にはそういったものはありません。

あるのは小豆の餡をもち米とうるち米の薄手の餅で包んで焼いたシンプルな焼き餅があるのみ。

参道や境内にある梅ヶ枝餅の店は全て「梅ヶ枝餅協同組合」に入っていて、基本的な材料や製法はみんな同じ。

値段も1個120円で統一されています。

じゃあ、どの店で食べても全く同じ味なのかというとそういう訳でもなく、材料の配合具合など、店によって若干の違いがあるようです。

地元・福岡の人間にはそれぞれ贔屓の店があって、へたに「どこのが美味しい?」なんて訊こうものなら、短くない講釈を聞かされることになるので注意しましょう。

f:id:mesitsu_lb:20151130123922p:plain

まあ、お店による違いは微妙なもので、僕みたいな舌の持ち主にはよく分からないのですが、実はもっと明確に梅ヶ枝餅の味を左右するポイントがあります。

このポイントによって、ある人は梅ヶ枝餅の印象を「サクサクの軽い食感で旨い!」と言い、ある人は「しっとりやわらかくて美味しい!」と、全く逆のことを言うのです。

そのポイントとは、イートインで食べるかテイクアウトで食べるのか。梅ヶ枝餅は、餡餅のだんごを焼き型に挟んで両面をこんがりと焼くため、表面はパリッと香ばしく焼き上がり、中のモチモチの食感と絶妙のコントラストとなります。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。