ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【春のインテリア】お気に入りの本の収納の仕方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

春になると身の回りをスッキリさせたいですね。読んだ本が溜まってしまって、ついあちこちに積んだまま。お気に入りの本がどこへ行ったか分からなくなってしまった、ということがありませんか? 引越しをする予定のあなたも、これを機会に、あなたのお気に入りの本を、春らしく軽やかなインテリアにしましょう。

はしごを使ったアイデア

意外なところで、普段あまり使わないハシゴや脚立を使ってみては? 新鮮に感じますよ。使用頻度が低かったものを、インテリアとして考えてみるのも面白いですね。

ブランコ

ブランコのように棚を吊ってみるアイデア。装丁が美しい本、いつも手元に置きたい本は、こんな飾り方を。

ワインケースなど木箱を利用

ワインケースなど、木の質感を楽しむ箱に収納。本の紙の原材料は木ですから、しっくりきますね。

いくつか積み重ねて棚にしてみるのも良いですね。好みの色のペンキで塗ってみても。

図書館を自分の書斎に

本が溜まりすぎて、そんなものでは収納出来ないというあなたは、思い切って断捨離を考えてみましょう。いくら好きなものでも、所詮は「モノ」です。「いつか見る時のために」程度の理由だったら、処分を考えてみては。人にあげる、ブックオフなどに引き取ってもらう、図書館に寄付するなど。

筆者は日本にいた時、購入した本がかなりたまってしまい、下の大家さんから「2階からの重みでドアの開け閉めが出来ない」と苦情が出て、泣く泣くほとんどを処分しました。

その時に「もう本を買うのはよそう」と思い、図書館を自分の本棚にすることに決めました。読みたい本が近所の図書館になくても、同じ地域であれば取り寄せてくれたので、不自由はしませんでした。引越しの時も、一番ネックになる本を減らしたことで、楽になりましたよ。

ペーパーレスで、電子書籍に

今や何もかもが電子化。個人的には、本を開く感覚、手触りが好きですが、住宅事情を考えると、好みばかりも通せません。どうしても必要だけど嵩張る資料や、何度も読み返したい小説などは、電子書籍に。

平積みにしたままの本の埃を払って、風を通してあげましょう。あなたの心にも春風が吹いてくるはずです。

[All photos by Shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

TABIZINE
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP