体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

創業1979年!奥原宿にあるハヤシライスの名店に訪れてみた @『ぎっちょん』神宮前

gichon020_R

なんとなくハンバーグ特集的な何かですが、ココで重大な発表があります。

「私、実はカレーよりもハヤシライスが好きで御座います」

あんだけカレー食べといて今更何言ってんだよ感は否めませんが、カレーとハヤシライスのどちらかを選べと言われたら、そこは川村ゆきえさんを選ぶ筆者で御座います。

ちなみに『CoCo壱番屋』ではハヤシライスしか食べない硬派(43歳独身)と言う個人情報もさらっと晒しておきましょう。

ほぼほぼ原宿にある『ぎっちょん』

gichon000_R

そして!

賢明な読者の方々であれば、すでにお察しかと存じますが、あえて言おう!

「交通費と時間を節約する為に2本3本撮りが当たり前!」(白眼)

で進行するのが筆者の常でして、せっかく相模原(ほぼ田舎)から原宿(奥原宿)まで来たのですから2件くらいは回らないとなのです。

gichon002_R

個人的には原宿カレー対決で『MOKUBAZA』と『みのりんご』を予定していたのですが、ちょっとカレー2食連チャンも飽きるかなと思い、なんとなく気分でハヤシライスにしてみました。

しかも!

gichon004_R

この『ぎっちょん』はハヤシライスにハンバーグをトッピング出来ると言う、神トッピングが可能との事……。

これは食べるしかありません。

『ハヤシライス Lサイズ』を食す!

gichon017_R

ココは贅沢にもLLサイズでハンバーグ2個乗せに走りたい衝動に駆られますが、いきなり最高峰のメニューを食べてしまうと、再訪した時の記事が弱くなる可能性があるので、セオリー通りにスタンダードな奴をオーダーします。

正直、筆者はかなり店を厳選しているので基本的に”ハズレ”は無いはずなのですが、逆に美味しい店は徹底的に掘り下げたい派なので、ひとつの店で2本は書くつもりでペース配分をしているのです。

という、どうでもいい諸事情はさておいて、美味しそうなハヤシライスの降臨で御座います。

gichon018_R

いいですね~!

gichon019_R

焼き目の香ばしそうなハンバーグとテリッテリのデミグラスソース、白米のコントラストが芸術的です。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会