ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

芳和システムデザイン、Android / Linux対応の日本人向けSoCボード「BLEAD-AGE」のクラウドファンディングを開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

芳和システムデザインは 3 月 4 日、Linux や Android の動作をサポートした日本人向けの SoC ボード「BLEAD-AGE」のクラウドファンディングを開始しました。BLEAD-AGE は、ARM Cortex-A15 / A7 のクアッドコアプロセッサ「Socionex MB86S71」を搭載したオールインワンの小型評価ボードで、Android と Linux の動作をサポートしています。将来的には Google Play ストアをサポートする予定です。この評価ボードは、日本人向けの RaspberryPi / DragonBoard といった製品で、日本語でのサポートが受けられるほか、ドキュメント等も日本語で提供されます。日本人エンジニアの開発や趣味利用をサポートする製品だと言えます。クラウドファンディングでは BLEAD-AGE を 100 枚製造する試作プロジェクトが実施されています。価格は 98,000 円です。Source : Motion Gallery

■関連記事
Niantic、ポケモン新ゲーム「Pokémon GO」のフィールドテストを3月下旬より開始、テスターを募集中
KDDI研究所、中高生のスマートフォン依存を抑制するホームアプリ「勉強うながしホーム」を開発
Amazon、Fire OS 5で端末暗号化機能を削除

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP