ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「& PANSTA」販売② 「セテュヌ ボンニデー」(向ヶ丘遊園)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「パンのフェス2106 in横浜赤レンガ」に、2016年3月12日(土)パンセレクトショップ「& PANSTA」が開店する。そこに、向ヶ丘遊園の人気店「セテュヌ ボンニデー」からもパンが届くことになった。(数量限定)

晴れの日も 雨の日も 曇りの日でも 
どんな時だって、私の幸せが待っている。
そうだあそこに行こう。
「それはいい考えだ!」
C´est Une Bonne Idee! (ホームページより)

店名の「セテュヌ ボンニデー」は、「それは良い考えだ!」と言う意味。美味しいもの、ちょっと素敵なものがある。お客様にとって楽しいお店にしたいというメッセージが込められている。

店名の通り、確かに店内にはパンだけでなくシュークリームやキッシュなども並び、パンと一緒におやつやおかずも買えるという楽しさが味わえる店である。

安心・安全そして美味しいものへのこだわりから、国産小麦を100%使用し、そのほかの材料もなるべく国産にこだわり厳選しているというのもお店の大きな魅力のひとつ。

お店でパンを焼くのは有形シェフ。代々木八幡「365日」の杉窪シェフの元で腕を磨いた実力者。
国産小麦の美味しさを最大に引き出すために、従来の製法や概念を覆した革新者、杉窪氏の哲学を受け継ぎつつも、オープンから2年を経て、地元「湘南小麦」に出会い、発酵の魅力にも琴線を揺す振られ、ハード系など新たなパン作りにも意欲的に取り組んでいる。

シェフのスペシャリテ、クロワッサンは、軽い食感と心地よい余韻が特徴。生地にクレームドエペスを使用することで、重過ぎないコクと酸味、そして甘い香りが感じられる。

店内で目を引くのが、断面が美しい「サーモンとほうれん草のキッシュ」。魚屋から鮭一匹で仕入れ調理しているそうだ。サーモーンの美味しさを存分に味わえる一品で、お店の人気商品。

オープン時からの看板商品は「ソンプルサン」。フランス語で「100%」を意味し、北海道小麦に対し吸水率100%の高加水で、バターではなくグレープシードオイルを使用。皮は薄くパリッと、中はみずみずしくもっちりとした食感が特徴のパン。

「&PANSTA」では、有形シェフのお勧めセットで販売予定。食べたことがある人にも、まだ無い人にも、シェフの感性と進化を感じるパンをぜひ体験していただきたいと思う。

<ショップ情報>
店舗名 : セテュヌ ボンニデー
URL : http://pansta.jp/shop/13957/
所在地 : 神奈川県 川崎市多摩区 登戸1889 今野ビル1階
定休日 : 火曜日
営業時間 : 7:30〜19:00

■この記事を執筆したパンライター
編集部たかこ
http://pansta.jp/user/kab1228/
パンとパン屋さんが大好きなパンおたくです。
「パンを食べると幸せな気分になる」というこの気持ちをみんなで共有したいと日々パンスタで活動しています。

■サイト情報
パンスタ http://pansta.jp/
twitter https://twitter.com/panstajp
facebook https://www.facebook.com/panstajp

カテゴリー : グルメ タグ :
パンスタの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。