ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

都心から105分で行ける伊豆大島、絶景露天風呂と島グルメの旅

DATE:
  • ガジェット通信を≫

私たち日本人は、海に囲まれた島国に住んでいるせいか、島への旅に惹かれます。遠い外国の南の島や、沖縄、北海道の離島まで行かなくても、身近に魅力のある島があることを忘れていませんか? 東京からわずか105分で行ける離島、伊豆大島。美しい海に囲まれた環境で、絶景露店風呂や大島グルメを楽しめますよ。

2016年3月31日まで、「伊豆大島へ遊びに行こう!」宿泊割引が適用されます。詳細はこちら。

竹芝桟橋からジェット船で105分

東京竹芝桟橋から、高速ジェット船に乗れば、大島までわずか105分。離島までの旅がこんなに手軽に。運行スケジュールはこちらで確認できます。


(C) facebook/伊豆大島

夕暮れ時に入りたい、絶景露天風呂

元町港近く、長根浜公園内にある1986年の噴火時に出来た温泉。伊豆半島や富士山が眺めながら浸かれる、絶景露天風呂。水着着用の男女混浴露天風呂ですが、水着は無料レンタルもしてくれるそうですよ。

■浜の湯 
営業:13:00~19:00(年中無休・天候により休業・時間短縮あり)
料金:大人400円  


(C) 伊豆大島ジオパーク・データミュージアム

椿まつり

伊豆大島といえば、椿が有名ですね。2016年は1月31日(日)から3月21日(月・祝日)まで行われます。東京ドームの1.5倍という広さを誇る、日本最大級の椿園です。

■大島公園(椿まつりのメイン会場)
営業:09:00~15:30
料金:無料  


(C) facebook/伊豆大島

椿油をハンドメイドしてみよう

ココナッツオイルやオリーブオイルがブームですが、日本だって昔から椿油というナチュラルな良質の油がありますよ。髪や肌のケア、食用にも使えます。花を見るだけでなく、椿油を自分の手で作ってみましょう。

■椿油しぼり体験(大島ふるさと体験館)
時間:90分
料金:1名2160円 要予約


(C) facebook/伊豆大島

大島グルメを味わい尽くそう

地魚のお鮨
漬けにした新鮮な地魚のお鮨。絶対食べたいものです。季節により揚がる魚も違うので、何度も足を運びたくなるかもしれませんよ。


(C) facebook/伊豆大島

べっこう茶漬け
郷土料理の「べっこう」は、島唐辛子醤油につけた魚の切り身が、べっこう色になることから呼ばれます。素敵な名前ですね。お茶漬けでいただくのも美味しそうです。


(C) facebook/伊豆大島

新鮮なイカの「いかそうめん丼」
大島の岡田港近くの食堂でいただける「いかそうめん丼」。タレに漬け込まれた新鮮なイカと島海苔がたっぷり。生卵をからめて、召し上がれ。


(C) facebook/伊豆大島

あしたばの焼酎
大島唯一の酒蔵で、一人の手によって作られる、明日葉の香りのする焼酎。明日葉は、「今日摘んでも、明日には芽が出る」と言われるほど生命力が強い植物。明日葉のパワーにあやかるためにも、飲んでみたいものです。

[谷口酒造 御神火]


(C) facebook/伊豆大島

柏餅に似た郷土料理「カシャンバ」
大島で自生するサンキライ・サルトリイバラの葉で包んだ「カシャンバ」は、結婚式・五月の節句・仏様の行事の際に作られるそうです。おばあちゃんの味を思い出しそうですね。


(C) facebook/伊豆大島

見て、浸かって、美味しい大島の旅。こんなに身近にある旅先に出かけない手はありません。宿泊割引を利用して、今の時期に早速出掛けたいものです。

※掲載情報は2016年2月29日現在のもので、変更になる可能性があります。ご承知ください。

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP