ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

極上のサクサクが体験できる居酒屋「丸千葉」のハムカツ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ハムカツ
450円

ハムカツの美味しさは「厚み」や「高級食材」ではない。サックサクの衣に、プルッと弾けるハムの弾力こそが、ハムカツの美味しさのすべてを決定づける。サクサクとプルッのあとに、ソースと揚げ油とハム旨味が味覚神経を支配するのだ。

・均一に整えられた衣
そんな極上のハムカツを体験したいならば、東京都台東区の居酒屋「丸千葉」に行くしかない。薄切りのハムを均一に整えられた衣が包み込んでおり、衣の層、空間の層、ハムの層の三重層によって構成されている。中心部に若干の空洞があることで、衣に余計な水分が浸透せず、サクサクに仕上がる。

・揚げ方ひとつでここまで美味しくなる
そのおかげで衣は極限までクリスピー。ハムは大切な旨味エキスを蒸発させることなく、無事に我々の味覚を魅了することができるのだ。どこにでもありそうなハムカツだが、なかなかのこだわりが感じられる。たとえこれが業務用のハムカツだったとしても、揚げ方ひとつでここまで美味しくなるのだから、まさに職人技。

・牡蠣鍋も人気料理のひとつ
ギトギトにならず、あくまで軽めの「サクッ」を感じさせる仕上げ方は、1~2年では会得できない技術である。ちなみに、「丸千葉」は牡蠣鍋も人気料理のひとつ。ハムカツでB級グルメを堪能しつつ、牡蠣でA級グルメを堪能する。これ以上ないグルメな時間である。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2016/03/02/maruchiba-hamu/

丸千葉
住所: 東京都台東区日本堤1-1-3
時間: 14:00~21:00
休日: 水曜日と年末年始
http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132401/13050828/

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP