ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

見事アカデミー賞作曲賞を受賞!音楽にも大注目な『ヘイトフル・エイト』公開中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クエンティン・タランティーノ監督による、雪山のロッジを舞台に“ヘイトフル”なクセ者8人が殺人事件をきっかけに「嘘」と「嘘」をぶつけ合う密室ミステリー『ヘイトフル・エイト』が、現地時間2月28日(日)(日本時間29日)に発表された第88回アカデミー賞にて、作曲賞(エンニオ・モリコーネ)を見事受賞!!

音楽を担ったエンニオ・モリコーネ1928年生まれの87歳。これまで名誉賞は1度受賞しているものの、アカデミー賞では5回ノミネートのみで、作曲賞受賞は初となる。かねてよりモリコーネを敬愛し続けているタランティーノは『キル・ビル』シリーズや『デス・プルーフinグラインドハウス』、『イングロリアス・バスターズ』や前作『ジャンゴ 繋がれざる者』等多数、モリコーネの楽曲を使用している。マカロニ・ウエスタンを彷彿とさせるスリリングな今回の楽曲は、アカデミー賞受賞だけでなく、ゴールデン・グローブ賞では作曲賞も受賞。モリコーネはハリウッドの殿堂入りをしたばかり。まさに本作は今一番注目するべき話題作!

受賞式ではモリコーネの受賞に観客全員がスタンディング・オベーション。「素晴らしいサウンドトラックには素晴らしい映画無くてはいけません、クエンティン・タランティーノ監督に感謝を捧げます、私を選んでくれてありがとう!」と感無量でスピーチし、場内を感動で包んだ。
『ヘイトフル・エイト』は全国で絶賛公開中!

『ヘイトフル・エイト』(原題:The Hateful Eight)
監督・脚本:クエンティン・タランティーノ 
音楽:エンニオ・モリコーネ 
美術:種田陽平
出演:サミュエル・L・ジャクソン、カート・ラッセル、ジェニファー・ジェイソン・リー、
ウォルトン・ゴギンス、デミアン・ビチル、ティム・ロス、マイケル・マドセン、ブルース・ダーン
クレジット:(C) MMXV Visiona Romantica, Inc. All rights reserved.
全国公開中
配給:ギャガ 
公式サイト: gaga.ne.jp/hateful8.

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP