ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デカすぎ!MacBook用に作った“自撮り棒”が驚きのインパクト

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一時期は大ブームになったものの、使用を禁止する観光名所や公共の場が相次ぎ、目にする機会が減った感のあるセルフィースティック(セルカ棒)。

確かに、街中で使おうと思うと周囲に迷惑がかかったり、そもそも持ち歩きが大変だったりするんですよね。

でも逆に、どうせデカくてジャマなんだったら、もうPCで自撮りしちゃえばいいんじゃない?

そんな発想から生まれた写真が話題になっています。

NYの観光名所でやたらと目立っている人たち

タイムズスクエアやワシントン・スクエア公園など、米ニューヨークの定番スポットで自撮りをする人たち。

よく見ると使っているカメラがやたらとデカい!

それもそのはず、マウントされているのはスマートフォンではなくMacBookのようです。

テクノロジーをモチーフにしたアート作品

圧倒的な存在感を出しているこちらのスティック。

実は市販品ではなく、 Moises (Art404)さんYuyi JohnさんTom Galleさんの3人が手掛けたアート作品なのだとか。

彼らは以前にもテクノロジーをモチーフにした作品を発表していたそうです。

道行く人物珍しさからか興味津々といった反応で、販売されればヒットするのではと思えてしまうから不思議。

一見するとバカバカしく、それでいて深い意味がありそうな、興味深いアート作品ですね。

Macbook Selfie Stick
http://macbookselfiestick.com/

自撮り(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP