体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

冬に幌を開けるのはやせ我慢?  真冬にオープンカーに乗ってみて誤解が解けました

01

オープンカーというと物好きの人が買うという印象です。比較的価格帯が高価で買いにくいという部分もありますが、それよりは寒そうと言う部分が目立ちます。冬にオートバイに乗るような感じで、快適さは全くなくスタイルだけで乗っているという感じではないでしょうか? 
今回、知人のオープンカー『マツダ・ロードスター』に乗せてもらい、オープンで走行しても非常に快適であったことを実感しました。 販売店にオープンカーの試乗車が常にあるわけでは無いので、多くの人は誤解したままだと思います。

オープンにすると開放感が得られます

オープンカーは幌(ほろ、オープンカーを覆っている簡易的な屋根)に覆われており、車種によっては比較的簡単に開閉する事が出来ます。今回借りた『マツダ・ロードスター』は停止状態で乗車したまま10秒程度で開閉が可能です。

02

幌がしまった状態です。これが普通のクルマと同じ状態です。

03

幌を完全にオープンにすると頭上に空が広がる開放感が得られます。

04

静止画ではわかりにくいですが、自動車専用道路を時速60キロメートルで走行している写真です。車内はほとんど無風状態です。暖房とオープンカーの多くで装備されているシートヒーター(電気カーペットみたいな物がシートに入っていると考えてください)で快適です。特に厚着をしなくても快適に運転できます。

空や景色を楽しめるワイドな視界と、今まで聞こえなかった音や自然の空気感を味わうことが出来ます。一方で快適な空調や安心感もオープン状態でも確保できます。この感覚は体験してみないと分からないですね。

欠点は停車したとき

05

良いことばかり言いましたが、欠点もあり、停車すると走行中より風が吹いているという印象です。 
言っていることがよく分からないと言われそうですが、オープンカーの空気は走行するときの流れで、車内の空気を走行中の風の流れで閉じ込めています。停車すると周りの空気と混ざり合い、暖房で暖めた空気が逃げて行きます。そのため、停車中の方が寒いです。また、他のクルマの排気も車内に入ってくるので気になります。

この場合でも幌を素早く閉じれば安心です

ここからは車種によって異なりますが、今回借りた車の場合は、片手で10秒以内で閉じることが出来ます。信号待ちで寒さや空気の悪さを感じたらすぐに閉じることが出来ます。

06 07 08
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。