ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Microsoft、AndroidアプリをWindows用に変換する「Windows Bridge for Android」の開発終了を正式発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Microsoft が Android アプリを活用して容易に Windows アプリを開発できるアプリ変換ツール「Windows Bridge for Android」の開発終了を発表しました。「Windows Bridge for Android」は、Android アプリのソースコードを用いて Windows 用アプリをビルドできるようにするツールで、2015 年 4 月 に初公開されました。これは Project Astoria という名前でも知られています。Windows Bridge for Android は、アプリの開発者が Android アプリを開発した際に、そのソースコードを変換することにより、Windows 10 用アプリを容易に開発できることをコンセプトとして提供されていました。Windows ストアのアプリ数の少なさを補うのにも効果的だと見られていました。Microsoft は Bridge と名前の付く他の変換ツールについては従来どおり開発を継続すると述べています。Source : Microsoft

■関連記事
家族間で写真や予定をシェアできる家族向けのSNSサービス「TOMONI」のAndroidアプリがリリース
Verizon、Xperia Z3vのAndroid 5.1.1アップデートを開始
Xiaomi Mi 5が早くも分解される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP