ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【糸島】黄身がつまめる「つまんでご卵」の 美味しいロールケーキを食べてごらん!【つまんでご卵】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

メシ通レポーターのマツータケシです。

早速ですが、またまた地元自慢をしてもよかですか。

某アンケートで“日本でイチバン住みたいトコ”にも選ばれ、近年耳にする機会が増えた人も多いのではないでしょうか?新鮮な食材が手に入り、おしゃれなカフェやこだわりのランチを目当てに訪れる人が急増中! 行くだけで気分が上がるホットなスポット、糸島

福岡の中心地である博多や天神から車をビューンと走らせること、およそ30分。海あり、山あり、おいしいものあり、に加えてモノ作りが盛んで、自然にも癒されちゃう……。そう、ここは楽園なんでございます!

のんびりドライブはもちろん、マリンスポーツ、ハイキング、フィッシング、ゴルフ、雑貨屋巡りにスイーツ巡りetc…魅力を挙げたらきりがありません。

そんな糸島のなかでも、必ず立ち寄って欲しい、極上ロールケーキを今回はご紹介します。

店があるのは、県道567号線沿い。海岸線の景色が人気のスポット・二見ケ浦から車を走らせること2~3分ほどの場所です。自然豊かな場所に、看板が分かりやすく出ていますが、ただその看板が衝撃的なんです!「ん?あれ?えっと?これって、つまめるものでしたかね?」となっちゃう気持ちはわかりますが、はじめてこの道を通るドライバーさん。しっかり前を見てくださいね。わき見運転は危険ですよー。

でその正体はなにかというと、そうです、それです。タネも仕掛けもございません、なんです。

ここは、指でつまめてしまう卵「つまんでご卵」の生産者・早瀬さんが営むケーキ工房。噂のロールケーキを求めて、平日、休日問わず女性客でいっぱいです。

評判の理由はこだわりの素材にあり! ってことで、まずは「つまんでご卵」についてお話しします。

少年時代からの夢、勤めていた前職で日本中の養鶏家を見てきたこと、身体を壊したこと、こどもたちに安心で安全な食べ物を食べさせたいという気持ちなど、いろいろなことが重なり、27年前に養鶏家としての道を歩み始めたオーナー・早瀬憲太郎さん。

目指したのは、安心、安全はもちろん、ニワトリの幸せを第一に考えた養鶏。そんな理由から、手間とお金はかかり効率も悪いけど、のびのびと鶏が過ごせる飼育方法・平飼いでの自然卵養鶏は、こだわりをもってやろうと決めていたといいます。

一般的なケージ養鶏に比べ10分の1以下の飼育密度で飼われているニワトリたちは、みんなのびのび、リラックス。ゆとりのある空間と衛生的な環境で、ストレスなく過ごすことが健康な卵作りには一番大切なのだとか。

このようにニワトリのことを第一に考えて育てた結果、生食賞味期限が1カ月、殻がかたく丈夫、盛り上がるほど卵白が強い、低カロリー、低コレステロールetc。誰もが喜ぶ唯一無二の卵が生まれたというわけです。

「つまんでご卵」オーナーの息子さん・早瀬憲一さんと店長の津上竜夢(りゅうむ)さん。おふたりは高校の同級生なのだとか。

鶏さんニコニコ、この鶏舎は運動場付きなんですよ。天気の良い日は、散歩や日光浴や砂遊びで、リラックスタ~イム! そして臭いもなくて、ハエもいない。実に清潔なんでございます。

ぬぬっ!? なんですと? なんとニワトリの言葉がわかるという社長さん。

ニワトリが「ギャーッ! ギャーッ!」と鳴くのは、ここから出してくれー! という悲痛な叫びだよ。ウチのニワトリは、心が満ち足りているからほとんど鳴きませんね

と、騒音問題もおきないというから驚きです。

卵の品質だけでなく、地域の方も応援してくれる安心・安全な環境も生み出していました。

とはいえ、気になるのは卵のお味。日本人ならやっぱり、なじみ深いあの食べ方で。てことで、卵そのものを味わえる、シンプル料理“たまごかけごはん”をいっただきま~す。

あったかごはんに、あらよっ、と卵をひと割り。醤油をちょろっと垂らして、混ぜ混ぜ。あとは無心でかきこむべし! 旨い! 卵ってこんなに濃厚で甘いんだ。止まらないんです、箸が……。食べ終えたあと、口の中はいっさいべたつかず、美味なる余韻がいつまでも…

この卵は本当に美味しいです。卵の盛り上がり方、色の濃さ。指でつまんで持ち上げることができる黄身の力強さ。膨らみにくいとされる国産の小麦粉をも見事に膨らませる白身。そして、卵本来の甘い芳香が立ちのぼります。

所変わって、ケーキ屋さん。

見るからにフカフカのスポンジが印象的な「つまんでご卵ロールケーキ」は、極上卵に、石臼で挽いた福岡産の無農薬小麦粉、そして喜界島産のキビ糖などを加えて作られる無添加ケーキです。

では、いざ実食、と真上からフォークをIN。しかし、驚くほどの弾力に、フォークを弾かれそうになります。「ほほう。おぬし、ただものではないな」と思いながら、いただいてみることに。

ぬおっ! 期待を超える食感と味。フワフワのスポンジの食感、と鼻を抜ける風味が心地よすぎる。甘さ控えめの生クリームも、やさしい口当たりでバランス感覚最高! 10点満点です。

この日は10月末ということもあって、ハロウィンのケーキがたくさん作られていました。来店客の8割が購入するという、一番人気の「つまんでご卵糸島ロール(1,470円~)」以外にも洋菓子はいろいろあって、どれもオススメなので少しだけご紹介します。

「塩麹キャラメルのロールケーキ(1,575円/カット525円)」 「プリン(368円)」 「マドレーヌ(189円)」 「クッキー(各210円)」 「チーズケーキ(390円)」 などなど。

背景が養鶏家の、つまんでご卵ケーキ工房の洋菓子は、穀物の利用の一形態としての洋菓子を追求しています。華やかなスイーツ業界において、小麦本来の風味をしっかり感じられる素朴で地に足の着いた安心感がここにありました。

最後に、ちょいと補足。

「つまんでご卵ケーキ工房」から道をはさんですぐ近くに、同社が営む直売所があります。先ほど卵かけごはんをいただいたのもこの店。

まず目につくのが看板で、「にぎやかな春」の下に逆さまに「沈黙の春」の文字が書かれています。

なんですか?と興味津津で伺うと、店名の由来は、レイチェル・カーソン著書の『沈黙の春』からとったそう。化学薬品や農薬がもたらした被害の実情が描かれたこの本の内容とは真逆、人や土地が健やかであるように、という想いが込められているのだそうです。

ここ「にぎやかな春」には、地元・糸島の美味しい無農薬・有機栽培・超減農薬野菜をはじめ、全国各地から集めた無添加でおいしい食材が豊富にそろっています。もちろん「つまんでご卵」が購入できますし、食肉である「万歩鶏(まんぽけい)」も売っていました。

店は只今、改装の真っ最中。実は2016年にはレストランがオープンするんです!

目玉メニューとして、「万歩鶏」と「つまんでご卵」の「親子丼」も出るとか出ないとか。いまからよだれを流しながら、乞うご期待!

では、お持ち帰りの「ロールケーキ」と「つまんでご卵」を抱えて退散~。


お店情報

つまんでご卵 ケーキ工房

住所:福岡県糸島市志摩桜井5234-1

電話番号:092-327-5850

営業時間:平日11:00~17:00

土日祝日10:30~17:00

定休日:火曜日


書いた人:

マツータケシ

福岡在住。某出版社を経て、フリーのカメラマン&ライターとして活動中。好きな言葉は「一日三度のメシ」。福岡の安くてうまい穴場を発掘することにはまっている。

関連記事リンク(外部サイト)

【博多】挨拶力も味のうち。 元気モリモリになるたこ焼き&唐揚げ【元気屋】
【博多】ドイツ愛まっしぐらの主が手づくりする、 本格ソーセージ&ハムに悶絶!【シュテファン】
【博多】一流の寿司がコースで3,000円代 これが“お魚王国”福岡の食の底力ばい!【寿楽】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP