体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

教科書には載っていない!アメリカ旅行で必須のトラベル英語5選

生活・趣味

日常会話でよく使う英単語・フレーズは、案外ガイドブックや教科書に載っていないものです。特にアメリカでよく使われる、とっても簡単な日常表現を5つご紹介します。

1日に1回はきっと使う!教科書に載っていない必須トラベル英語5

1. buck(s)

【意味】ドル

1日に1回はきっと使う!教科書に載っていない必須トラベル英語5

【用例】
(1) Total amount is 20 bucks. 「合計20ドルです」
お会計の際に言われます。
(2) Don’t you have a buck? 「1ドル札はありませんか?」
「あればお釣りが細かくならなくて済むんだけど」という店員さんからのリクエストです。

2. w/

【意味】withの省略形

1日に1回はきっと使う!教科書に載っていない必須トラベル英語5

【用例】omelet w/ cheese 「チーズオムレツ」
レストランやカフェのメニュー表でよく目にします。

旅行中はあまり見かけないかもしれませんが、b/cもよく使います。becauseの省略形です(b/cの他に、cuz、bc、bcoz、bcz、bcosなどとも)。

3. comfy

【意味】心地よい、快適な

1日に1回はきっと使う!教科書に載っていない必須トラベル英語5

【用例】comfy bed 「寝心地のいいベッド」
comfortableの省略形。comfortableよりも親しみや可愛らしさが含まれます。居心地のいいホテルを見つけたいなら、「comfy」の文字を目印にしましょう。

その他街中でよく見かける省略形としては、thruがあります。throughの意味で、Drive Thruなどと使われます。

4. right?

【意味】でしょ?
相手に確認したい時や意見を求める時、文末につける一語です。
教科書で習う付加疑問文はisn’t it? やdon’t you? などと文の主語・述語に合わせて変えないといけませんが、right? はどんな文にも付けられるのでお手軽。
カジュアルな表現なので、フォーマルな場面ではそぐわないこともあります。

1日に1回はきっと使う!教科書に載っていない必須トラベル英語5
1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会