ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Microsoft、Android向けキーボードアプリ「Hub Keyboard」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Microsoft が Android 向けにスマートフォンの要とも言えるキーボードアプリ「Hub Keyboard」をリリースしました。アプリは Google Play ストアで配信されていますが、日本では提供されていません。Hub Keyboard は日本入力やテンキー入力には対応していませんが、QWERTY の場合は一般的な外国語キーボードのように、QWERTY 配列のキーボードで文字を入力できます。特徴は、キーボードの上部バーからクリップボード、Office 365、翻訳、連絡先にアクセスできる、他のアプリや端末機能と連携しているところです。Ofice 365 アカウントを登録しておくと OneDrive や Office 365 のドキュメントを表示したり、キーボードアプリ上でダイレクトに翻訳するといったことが可能になっています。まさに、よく使う端末機能のハブになるアプリです。「Hub Keyboard」(Google Play)

■関連記事
Sony Mobile、「Xperia Z6は存在しません」とFacebookで発言
Samsung、Galaxy S7の“デュアルピクセル”イメージセンサーの概要を紹介
Google、モバイルWEBページが瞬時に表示される「Accelerated Mobile Pages(AMP)」をGoogle検索で対応を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP