ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コールドストーンの食べ放題に参戦も……まさかの受付終了! 仕方ないから自腹で食べ放題してきた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


人気アイスクリームチェーン『コールド・ストーン・クリーマリー』が2月23日・24日に『コールドストーン プレミアムビュッフェ』と銘打った食べ放題イベントを開催!

コールドストーンといえば、冷たい石板の上でアイスとフルーツなどをコネコネ混ぜ合わせ、1カップずつ丁寧に作り上げてくれるアイス屋さんです。
コネコネしながらお姉さんたちが歌ってくれたりもしますし、とにかく手をかけて作ってくれるだけあって、1カップのお値段は割と高め。

そんな高級アイスが食べ放題になるというのですから、これは絶対に行かなければなりません!

早速コールドストーンに行ってきた!


プレミアムビュッフェ開催初日の2月23日。
早速コールドストーンの店舗に足を運んでみました!

店内はすでにかなりの人で賑わっています。
よーし、僕も混ぜてもらうぞ!!
そのままスタッフのお姉さんがいる受付に向かうと……。

「コールドストーン プレミアムビュッフェ」予約受付終了のお知らせ


まさかの受付終了です。
どうやら予約受付開始からすぐの段階で即完売となってしまったようです。
みんな、どんだけアイス好きなんだよ!!

せっかくなので自腹で食べたいだけ食べることに!


残念ながら、どうあがいても食べ放題には参加できなくなってしまいましたが、せっかく来たんだから美味しいアイスは食べたい!

というわけで、プレミアムビュッフェのルールと同じく30分間限定で、アイスを食べたいだけ食べることにしてやりました。
セルフ食べ放題というわけですな!

まずは期間限定商品の『あまおう』を注文!

というわけで最初は期間限定の目玉商品『あまおう』を注文しました。


注文をするとスタッフのお姉さんが手早くアイスをコネコネしてくれます。
当たり前ですが、慣れた手つきですなあ。


そして完成したのがこちらの『あまおう』です。
うんっ、文句なしでウマそう!!


まずはアイスから食べてみましたが、ミルクの風味が強めのフレンチアイスクリームにはスポンジケーキも練り込まれています。
これは甘いモノ好きにはたまらない味! ウマいっ!!


続いてイチゴを頬ばりますが、イチゴそのものも相当なウマさで驚きました。
これはかなりいい『あまおう』を使っていますね!
アイスが濃厚なミルク風味なので、一緒に食べると練乳イチゴっぽい味わいになります。
いやあ、まさに最強の組み合わせですね。


ついついじっくり味わってしまいましたが、まず1杯目を完食。
でもこれは食べ放題だと思って一気に食べてしまってはもったいない!
そのくらいクオリティの高い味でした。

2杯目のアイスを注文!


続いて、2杯目に食べるアイスを豊富なメニューのなかから選択します。
期間限定の『あまおう』はもう1種類あったのですが、かなり口の中が甘い感じになってしまったので、次はサッパリしたアイスを食べたいところ。

というわけで2杯目はラズベリー&クランベリージェラートがベースとなった『レッドベリーズ』を注文します!

アイスの中には新鮮なイチゴやクランベリーがどっさり入っています。
これぞコールドストーン!というような一品ですね!
程よい酸味とフルーツのみずみずしさがたまりません!

あまおうの後のコレは、我ながらなかなかのナイスチョイスでした。

1杯半あたりからペースが怪しくなってくる……


「いやあ、コールドストーンはやっぱり最高だなあ~」なんて思いながら食べていたのですが……。

なんだか2杯目の半分あたりから、どうにもペースが上がらなくなってきました。
味はもちろん変わらずウマいのですが、アイスよりも水をおいしく感じ始めているのです。

「ひと回り小さいサイズにすれば良かったかな……?」なんて思いつつも、なんとかチビチビと食べ進めます。


ペースを落として適度に給水しながら、どうにかこうにか2杯目も完食!
もちろん味的には大満足! おいしかった!!

「さあ、3杯目は何を食べようかな。次はミント系がいいかな?」なんて思いながらメニューの方に視線を移すと……。
なんと、衝撃の事実が発覚しました。

この時点ですでに40分が経過していたのです!

プレミアムビュッフェの制限時間は30分なので、セルフ食べ放題もここで終了!!
結局2杯しか食べられないという無様な結果になってしまいました!

食べ放題価格よりも得したから結果オーライ?


結局2杯しか食べられなかったため、代金の合計は1310円でした。

一方、プレミアムビュッフェの参加費は1500円だったので、なんと結果的には得をしたことに!
プレミアムビュッフェで参加して2杯しか食べられなかったら損をしていたわけですね……。

でも、セルフ食べ放題をしてみて思ったのは、そもそもコールドストーンのアイスは急いで食べる必要がないんじゃないかと。
食べ放題の元を取るためにガツガツ食べるのもまあいいのですが、コールドストーンのアイスならやはり今回のように、ゆっくり味わって食べるのが本来の食べ方のような気がしますね。
まあ、自己正当化ですけども。

というわけで、残念ながら今回の食べ放題に参加できなかったという方も、しっかり味わって2杯くらい食べれば食べ放題に匹敵する満足感を得られると思います。
ぜひ試してみてくださいね!

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ノジーマ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP