ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MWC 2016 : パナソニック、コンパクトになったタフネスAndroidタブレット「TOUGHPAD FZ-N1」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パナソニックは 2 月 22 日、スペイン・バルセロナで開催中の MWC 2016 イベントで、Android 5.1.1 を搭載した最新のタフネス Android タブレット「TOUGHPAD FZ-N1」を発表しました。ちなみに、パナソニックは共通仕様で Windows 10 Mobile IoT Enterprise 版を搭載した「FZ-F1」も発表しています。FZ-N1 は、2014 年に発売された「FZ-X1」の後継モデルとなる法人向けの頑丈タブレット。「TOUGHPAD」の最新モデルで、新モデルでは、ディスプレイサイズを 4.7 インチに縮小して筐体をコンパクトにしたほか(横幅は 87mm → 74mm、質量は 430g → 277g)、OS を Android 5.1.1 にアップグレードしています。特徴はその頑丈さで、IP65 / IP67 の防水・防塵に対応し、1.82m から落下や 1m 落下 2,000 回のテストをクリアした耐落下衝撃性を備えています。FZ-N1 の主要スペックは、4.7 インチ 1,280 × 720 ピクセルの高輝度・高コントラストな液晶ディスプレイ、2.3GHz 駆動の Snapdragon プロセッサ(S801?)、2GB RAM、16GB ROM、背面に 800 万画素カメラ、前面に 130 万画素カメラ、8 時間バッテリー(標準バッテリー) / 16 時間(ロングタイプ)、100 デジベルのフロントデュアルスピーカーを搭載し、Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.1、GPS、NFC に対応しています。FZ-N1 の発売時期は 2016 年 3 月で、まずは Wi-Fi モデルが発売されます。価格は $1,499 です。音声通話に対応した LTE モデルは夏に発売されます。価格は公開されていません。Source : Business Wire

■関連記事
Spotifyが日本の楽曲をプレイリスト化、日本でのサービス開始はもうすぐ?
Galaxy S7に搭載された「Exynos 8890」のCPU、GPU、メモリ仕様が判明
中国メーカーが6GB RAMを搭載したスマートフォンの発売を予告

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP