体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大ヒット中『さらば あぶない刑事』面白さの秘密は? 脚本家・柏原寛司さんインタビュー「お客が待っている所は外さない」

さらば あぶない刑事

1月30日に封切られるやいなや、公開2日で興行収入3億円突破。シリーズ最高の勢いをみせる『さらば あぶない刑事』。現在も劇場には多くの人が訪れており、まだまだ“あぶデカ”旋風は続いています。

この『さらば あぶない刑事』は、あぶデカ世代の人はもちろん、10代、20代の若い世代が絶賛しているのも印象的。Twitter等、ネット上を検索すると「とにかくカッコ良くて面白い!」「2人が体を張っててすごかった」「ダンディすぎる!」と言った、興奮の声が。

この映画の面白さの秘訣、なぜ『あぶない刑事』という物語は人を惹き付けるのか。今回は、シリーズ一作目から脚本を担当し、本作でも脚本を務めた柏原寛司さんに色々とお話を伺ってきました。

三日月座 三日月座

お話は、柏原さんがオーナーのカフェ「三日月座」(人形町)にて。『あぶない刑事』ポスター等が飾られていました。見ているだけで楽しい!

―本作で大人気シリーズがいよいよファイナル、となりましたが、『さらば あぶない刑事』を制作するに至ったきっかけはどんな事だったのでしょうか?

柏原:セントラル・アーツの黒澤さんが「やろう」と決断したことで動き出しました。講談社のDVDマガジン(『あぶない刑事 全事件簿DVDマガジン』)が売れた事でいい流れは出来ていたと思いますが。それで、やるからにはこれまでのキャストを全員出そうと。実は2年前に自分で密かに映画用のプロットをつくっていたんです。それだと鷹山と大下が横浜で起きた事件の犯人を追って函館へ行く、という、ほぼ2人だけのハードボイルドだったんですが、それは棄てて今回の話をつくった訳です。

―あれだけのキャストをもう一度揃えるというのは考えるだけでとてつもない苦労だなと思ってしまいます。

柏原:全員揃える所が一番大切で、大変でしたね。吉井役の山西道広さんはもう俳優業を引退されていて、逗子でおでん屋さんを営まれてるという事だったので、会いに行ってお話をして。そうしたらちょうど閉店するタイミングだったので、その店は撮影に使えませんでしたが、おでん屋さんの設定をそのまま活かして出演していただきました。

―「タカとユージ、2人の定年退職」という設定もすごいと思いました。

柏原:映画『黄色いリボン』(1949)をやりたいなと思ったんです。映画の中で騎兵隊を辞めるギリギリまで「俺はお前らの隊長だ」というシーンがあって。『黄色いリボン』だからまともな最後だけど、『あぶない刑事』だから、定年退職日の前日の23時59分まで拳銃を握っているっていうお話に。

―人気シリーズの「ラスト」とか「ファイナル」というと、どうしても感動路線に行く事が多いと思うのですが、本作はそういった演出が無い所が痛快ですよね。

柏原:感動なんて一切無い(笑)。最後まで手に負えない2人って感じだね。あぶデカは「プログラム・ピクチャー」だから、お客が待っている所は外さない方が良い。例えば「寅さん」だったら必ずヒロインにフラれるというシーンがある、そういった定番は外しちゃいけない。普段は薫と馬鹿やってるし、最後はアクション、ガンシーンがたくさん出て来る。

あぶデカシリーズって昭和と平成にまたがっていますけど、ファンの間では昭和に放映されていた話が特に人気があって、今回の映画はそのテイストに寄せたというのがありますね。映画でも昭和の3本『あぶない刑事』『またまたあぶない刑事』『もっともあぶない刑事』が好きという人が多いんですよね。平成の作品も面白いのですが、ハードボイルドテイストが濃い方が楽しめるのかもしれませんね。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy