ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホを3倍速充電!超小型のモバイルバッテリー「Thino」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマホユーザーにとって最も避けたいのはバッテリー切れ。気をつけていても、いつの間にかピンチになっていたというのはよくあることだ。

しかし、重くてかさばるモバイルバッテリーは持ち歩きたくない。そんな人に、間もなく登場する小型バッテリー「Thino」を紹介しよう。

・2時間分の電池

Thinoは、長方形のライターほどの大きさ。厚さ12ミリとスリムなので、ジーンズのポケットに入れたり、キーホルダーに付けて持ち歩いたりできる。

小型だけにバッテリーの容量は480mAhと小さめ。しかし、作動2時間分の電池を賄えるので、急場をしのぐには十分だろう。

・データシンク操作はスイッチで

そしてこのバッテリー、片側のUSBをPCにつなぐとデータシンクもできるが、ボディ横にあるスイッチでシンクのオンオフをコントロールできる。

データシンクをオフにすれば充電速度は従来ケーブルの3倍になるので、急いでいる時はかなり便利そう。

・正規プライスの半額20ドル!

Thinoは間もなくクラウドファンディングサイトIndiegogoに登場し、予定小売価格の半額となる20ドル(約2300円)で入手できる見込みだ。

ライトニングコネクタかマイクロUSBかは選択可能。おトクにゲットしたい人は、サイトでメールを登録しておくと、資金調達開始の案内が届くようだ。

Thino

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP