ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

YouTubeが韓国を遮断したとしてネットで話題になる 問題のソース記事は何故か削除

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

『YouTube』が韓国からのアクセスを遮断したというニュースがネット上で話題になっている。そのニュースは『Yahoo!ニュース』でも取り上げられ『2ちゃんねる』ではお祭り状態の大騒ぎとなっている。

しかし現在元のニュースソースと『Yahoo!ニュース』のソースと共に記事は削除されており、閲覧することはできない。盛り上がりを見せる『2ちゃんねる』スレッドの中では「ガセだったのか?」と書き込まれるが、果たしてそうなのだろうか。

この記事が削除されると同時刻に『日刊テラフォー』が同じ記事を公開している。その見出しが「【YouTube】韓国からのアクセスを遮断?」というもの。記事の中は『Yahoo!ニュース』に公開されていたものに似ており、韓国側はK-POPの再生数を上げるツールとして使ったのが問題と書かれている。

韓国政府は『YouTube』側に匿名禁止を要求したところ、『YouTube』は韓国ユーザーの動画アップロードを制限したとする。結果この規制をかいくぐるために国籍を変えるというオモシロ騒動も起きている。この件に似ているが多少内容は異なる。

過去に木村太郎氏は某番組内で「大韓民国国家ブランド委員会」によるK-POPのYouTube再生数水増しについてコメント。このコメント後にテレビの露出は減り干されてしまったという。整理しておくと「大韓民国国家ブランド委員会」という組織が存在するのは事実である。しかし『YouTube』の再生数が水増しされている件に関してこの「大韓民国国家ブランド委員会」が関わっているという証拠は今の所挙がってきていない。

今回記事が削除された経緯は「大韓民国国家ブランド委員会」による圧力だとも言われているが、果たしてどうなのだろうか。少なくとも言えることは『YouTube』のK-POPの再生数は不自然に増えているということだ。

画像:『日刊テラフォー』より引用
日刊テラフォー

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。