ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MWC 2016 : ZTE、8.4インチ画面を搭載したプロジェクター付きAndroidデバイス「SPro Plus」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ZTE は 2 月 21 日(現地時間)、スペイン・バルセロナで 22 日に開幕する MWC 2016 イベントに向けて Android ベースのモバイルプロジェクター新モデル「SPro Plus」を発表しました。SPro Plus は国内で「モバイルシアター」としてソフトバンクより発売された「SPRO 2」の後継モデルで、新モデルはタブレットサイズに拡大し、機能やスペックも強化されています。SPro Plus のディスプレイサイズは 8.4 インチ 2,560 x 1,600 ピクセルなので、もはや Android タブレットですね。内蔵プロジェクターは LED 投映からレーザー投映方式に変更され、輝度は最大 500 ルーメンへと明るくなりました。理想的な投映サイズは 8 フィート先に 80 インチ大、投映解像度は 1,280 x 768 ピクセルとなっています。SPro Plus は 12,100mAh バッテリーを内蔵しており、プロジェクターモードで 6 時間投映することができます。側面には合計 4W のステレオスピーカーを搭載。もちろん、モバイル Wi-Fi ルーターやモバイルバッテリーとしても機能します。ZTE は SPro Plus 用のアクセサリーとして、リモコン、キーボード、マウス、ゲームパッドも発表しています。PC やゲームコンソールとしても使えるようになり、機能面では一般のスマートフォンやタブレットを凌駕しています。このほか、Snapdragon プロセッサ、3GB RAM、128GB ROM、Miro SD カードスロットなども搭載しています。SPro Plus は 2016 年夏にグローバル市場で発売される予定です。このモデルから Wi-Fi モデルとセルラーモデルに分けて展開されることになっています。Source : ZTE

■関連記事
MWC 2016 : HTC、VRヘッドセット「Vive」の商用版を2月29日より予約開始、日本でも発売予定
MWC 2016 : Huawei、スリムな12インチタブレット / ノートPC「MateBook」を発表、価格は$699 ~ $1599
MWC 2016 : LG、全天球カメラ「LG 360 Cam」、VR ヘッドセット「LG 360 VR」、Parrotドローンリモコン「LG Smart Remote」、球体型カメラ「LG Rolling Bot」、新アプリ「LG Friends Manager」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP