ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

知らなきゃソン!北陸のおいしいブランド肉3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

全国にはおいしいお肉がたくさんありますよね。神戸牛などは日本を代表する高級肉の1つですが、北陸新幹線の開業でにぎわう北陸にも絶品のブランド肉が少なくありません。

そこで今回は北陸在住の筆者が北陸でおすすめのブランド肉を紹介します。ざっくりとですがお店も併せて紹介しますので、女子の週末一人旅で「お肉が食べた~い」と思ったら、北陸新幹線に乗ってぜひとも食べに来てくださいね。

石川県の能登牛


(C) 石川県観光連盟

最初に紹介するブランド肉は能登牛。日本海に突き出す能登半島で育てられる、黒毛和牛の肉ですね。

能登牛は「のとぎゅう」ではなく「のとうし」と読みます。和牛のオリンピック「第9回全国和牛能力共進会」で「脂肪の質賞」を受けたほどの溶けるような食感と香りが魅力です。

出荷頭数が年間で500頭ほどと少なく、全国各地で食べられるわけではありません。ほとんどが県内で消費されているそうですので、食べたいと思えば旅行を兼ねて能登半島に出掛けてみるといいですね。


(C) Masayoshi Sakamoto

筆者のおすすめだと思うお店は、ちょっと高いですがホテル日航金沢の29階にある和牛レストラン『銀杏(いちょう)』。金沢駅前にあるホテルのレストランですね。

あるいは能登半島の珠洲(すず)市にある古民家を改装した『茅葺古民家のお食事処 庄屋の館』などもいいです。能登牛のステーキを目の前で焼いてもらったり、能登半島の雰囲気を楽しみながらステーキ丼を食べたりと、大満足できるはず。

福井県の若狭牛


(C) 福井県観光連盟

次は福井県の若狭牛。神戸ビーフや松坂牛などの名前で販売されている黒毛和種と同じ系統の牛を、越前若狭の自然の中で育てています。厳しい品質評価をくぐりぬけた高品質な牛肉が若狭牛として販売されます。

年間の出荷頭数は1,000頭ほど。福井県内では、「若狭牛」と書かれたのぼりのある「若狭牛提供の店」でのみ販売・提供されています。


(C) 福井県観光連盟

筆者のおすすめはあわら温泉街の近くにある『牛若丸』。店内では牛肉の販売の他、若狭牛の焼き肉も楽しめます。店構えなどもシンプルで、肉一本で勝負しているという雰囲気がすてきです。

座敷もあったと記憶していますので、週末女子一人旅のみならず、友だち同士でわいわいと温泉旅行に出掛けたついでに、楽しむ手もありですよね。

富山県の黒部名水ポーク


(C) 富山県観光連盟

最後は豚肉。富山県の黒部名水ポークを紹介します。

黒部市養豚組合と全農富山県本部が共同で開発した最高級のポーク。富山県のおいしい水と竹から作った液体をえさに混ぜて与える飼育スタイルが特徴的です。臭みがなく、ジューシーで柔らかい肉質はうれしい限りです。

こちらも厳格な基準によってブランドが守られていますので、そうそう全国で食べられるわけではありません。富山県内であれば黒部市にある精肉店併設のレストラン『肉のたなはし』がおすすめになると思います。


(C) Masayoshi Sakamoto

もっと気軽に味わいたい場合は、富山県内で黒部名水ポークを使ったとんかつを食べられる『かつ兵衛』もいいです。女子一人でも入りやすいチェーン店ですよ。

以上、北陸のブランド肉を紹介しました。もちろん他にも富山県の氷見牛など、ブランド肉はあります。週末に北陸新幹線に乗ってふらりと訪れた北陸各県で、おいしいお肉を味わってみてくださいね。

[Photo by Shutterstock.com]

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP