体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

脂がキツいなら”煮干し系ラーメン”を食べればいいじゃない @『圓』(えん)八王子

en011_R

最近は”煮干し系ラーメン”にハマっている筆者ですが、あえて言おう!

「煮干しはいいぞ」

というわけで、今回は『ラーメン二郎』や豚骨ラーメンに疲れた貴方にオススメしたい、美味しい煮干しラーメンの店を紹介してみましょう。

八王子の人気店『圓』(えん)

en009_R

筆者の通う東京都ヤンチャ区町田市にも『圓』はありますが、どうせなら本店を紹介する方が良いと思うので、あえて八王子の『圓』(本店)に行ってみました。

この日は大雪で電車も乱れ、プロパンガスも凍るほどの寒さでしたが、平日にも関わらず多くの人が『圓』に訪れていました。

en007_R

この人気っぷりなら味に不安はありません。

店内に入り食券販売機で『煮干しラーメン』(780円)の食券を購入し、店内の椅子で待ちます。

『煮干しラーメン』を食す!

en010_R

『圓』の『煮干しラーメン』が降臨しました。

近年のラーメンは一昔前と違い「味が良ければ見た目は関係ない」みたいな店は、ほとんどありません。どの店も綺麗な盛り付けを意識して丁寧にラーメンを扱っています。

ここら辺はSNSやブログに写真を上げる人が増えたので、店側も気を遣うようになったのかもですね。

料理の写真を撮るのは賛否が分かれる案件ですが、良くも悪くも適当なラーメンが駆逐され、盛り付けまで丁寧に作業するラーメン屋さんが、評価される時代になった事は間違いありません。

そんな店の熱い情熱に答える為にも、写真はそこそこに早速食べてみる事にしましょう。

完成された『圓』の煮干しスープ

en015_R

待っている時から店内の”煮干しの香り”に食欲を刺激されていた筆者ですが、意外にも最初の一口は

「苦っ!!!」

みたいなマイナス方向な反応でした。煮干しのワタの苦さがスープに出ていて、コレはどうなのってのが最初の印象です……。

これは腹ワタの部分を取らずにスープを出している気がしますね……。

しかし!

徐々に煮干しの苦さと言うか”ほろ苦さ”に馴れると、この苦さが逆にアクセントになっているような気がして来ました。

en017_R

通常は苦みと言うか”エグ味”を嫌って腹の部分は外すのですが、そこも含めて”煮干しの旨み”としてラーメンに使うアグレッシブな姿勢は評価出来ます。

確かに子供には不評な方向性な予感ですが、舌が熟成された人ならば、この煮干し独特の苦みも”旨み”のひとつになり、逆に『圓』のラーメンにハマる要素のひとつになるかもですね。

麺にもこだわる『圓』

en018_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会