ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

当時少年を演じた浪川大輔が“28年”の時を経てパパの声を担当! 『バンデットQ』BDBOX

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


鬼才テリー・ギリアム監督の傑作SFファンタジー・アドベン チャー映画『バンデットQ 製作35周年・最高画質盤Blu-ray BOX』が3月16日に発売。TV放送吹替完全版が収録される事にちなみ、1988年「日曜洋画劇場」で放送された当時、主人公の少年ケヴィンの声を演じた人気声優の浪川大輔さん(当時12歳)が、28年の時を経て、ケヴィンのパパの声を担当します。


このような追加収録では、TV放送当時と同じ役を担当することが通例で、別の役を演じることは異例中の異例。制作サイドたっての依頼で実現し、パパ役を見事演じると同時に、作品中で28年前の自分と共演することに。

さらに、魔王役の羽佐間道夫さん、ランドール役の野島昭生さん、TV司会者役の小島敏彦さんは、当時のTV吹替に引き続き同じ役で参加。28年の時間を感じさせない、当時とほとんど変わらない声でスタッフを驚かせたそう。また、故人となった声優の方々は、代役の声優が声を限りなく似せ、都合により参加できなかった声優の代役も、違和感ないほどに似た声で演じているとのことです。

浪川さんは今回の企画について「本当にありがたい事です。 そして、ビックリでもあり嬉しくもあります。 28年前の自分の声を聞いても自分ではないようです。 長くやっていて、本当によかったとしみじみ実感できました」とコメント。

『君に届け』の風早翔太役や、『ルパン三世』シリーズの石川五ェ門役など、数々のアニメ・ゲームで活躍している浪川さんですが、子役時代から『E.T.』『ネバー・エンディング・ストーリ』等、数々の吹替えを担当。浪川さんの子供時代の声を堪能したい方も『バンデットQ 製作35周年・最高画質盤Blu-ray BOX』は要チェック。


『バンデットQ 製作35周年・ 最高画質盤Blu-ray BOX 』 2016年3月16日発売
価格: ¥7,800+税 (KIXF-90354~90355)
発売・販売元:キングレコード
企画協力:フィールドワークス

(C)Handmade Film Partnership 1981

カテゴリー : エンタメ タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP