ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Wi-Fiの接続状況が一目でわかる!ネットワーク環境を可視化する新感覚ルーターが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

自宅で複数のデバイスを利用している人なら、たいていWi-Fiルーターを持っていると思う。

さらに付け加えれば、あっちはつながるのに、こっちはつながらない。こんな場面にも、しょっちゅう遭遇しているはずだ。

しかし、そういう心配はもう無用。面倒な問題は全部、この「STARRY STATION」が、スマートに解決してくれるだろう。

・ネットワーク状況を青と赤の球体で表示

本プロダクト最大のウリは、ユーザーが知りたいことを明確に可視化している点。デバイスの状況はすべて、青と赤の球体で表示され、接続状況も数字で表される。

球体が青の場合、ネットワーク状況は良好。逆に赤であれば、何らかのトラブルを抱えていることになり、その原因も表示される。とりあえずルーターの電源を入れ直すなど、あてずっぽうな行動をせずに済むのだ。

デバイスのアクティビティマップが、一目でわかるのもありがたい。それぞれのデバイスがきちんとネットワークに接続されているかどうか、目視できるようになっている。

・ビームフォーミング技術によって超高速接続を実現

子どものいる家なら、“スクリーンタイム”システムを利用するといい。

学校に行っている間、子どものデバイスだけ未接続にしたり、ゲームなどで遊ぶ時間を任意に設定することも可能。これらの設定は、専用のアプリを使って、遠隔で操作することもできる。

機能はさまざまだが、一番うれしいのは、この機器自体が優秀なルーターであるということ。広範囲にわたって送受信する、ビームフォーミング技術を採用。IEEE 802.11ac規格によって、ギガ超えの高速接続を実現している。

何かと便利な「STARRY STATION」。購入は専用サイトから。349.99ドル(約3万9,900円)で入手可。

STARRY STATION

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP