体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【Interview】社員をほめて会社を伸ばす!ユニークすぎる社内ツール「HoooP」の魅力とは?

デジタル・IT
hoop_1

みんなでほめ合いながら、会社を伸ばそう。これまでにないユニークな発想で、社内コミュニケーションを円滑化するツール「HoooP(フープ)」が、ノリに乗っている。

2014年11月にASP版をリリース。以来、着々とユーザーを増やし、わずか1年3か月で500社、1万5,000名の利用者を獲得した。

ほめ言葉は、そのままSNS上に可視化。導入企業からも、社内のモチベーションアップにつながったと、絶賛されている。

提供元は、2007年設立のシンクスマイル。代表取締役の新子 明希(あたらし はるき)氏がめざすのは、労働に対するネガティブ意識の払拭だ。

・感謝と称賛のコメントをバッジとともにみんなで贈り合う

Q1:「HoooP」とは、どんなサービスなのでしょうか。

hoop_2

会社のバリュー(組織が共有する価値観)をバッジ化し、実際の行動・コミュニケーションでのエピソードについて、感謝・賞賛(ほめる)コメントを、バッジとともにスタッフ同士贈り合うという、今までになかった新しいウェブサービスです。社内外から見た自分の強みが、チャートで可視化されます。

Q2:開発の経緯を、お聞かせください。

hoop_3

元々は社内のみで行っていたのですが、お問い合わせをいただくようになったため、サービスとしてリリースしました。

(開発にあたって)最初に理念、次に行動指針を決めたのですが、これをどう実践してもらうかということを、まず考えました。

よく聞くのは声に出して唱和することですが、弊社は若い会社なので、唱和だとやらされている感が強くなってしまうのでは、と思いました。(そこで)10個の行動指針を10個のバッジにして、実践した人へコメント付きのバッジを、ゲーム感覚で贈る仕組みを作り上げたのです。

・明るくポジティブなビジネス社会を形成したい

Q3:現在、500社1万5,000人が利用しているそうですが、実際の反響はいかがなものでしょうか。

hoop_4

コミュニケーションが取りやすくなり、人間関係が円滑になったなど、効果を感じている企業さまが多いようです。また、離職率の低下やモチベーションのアップにも、役立ててもらっています。

1 2次のページ
Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会