ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キモイ?カワイイ?Pepperのような顔をした2輪で動く生活補助ロボットが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ペッパーが一般販売されるなど、一定の盛り上がりを見せている家庭用ロボット市場。大企業が先行投資を行っている分野の一つで、今後の発展が期待されている。

2輪で動き、様々な生活サポートを行うロボット「Robit」がIndiegogoに登場し、注目を集めている。

 

・2輪で移動するニクイやつ

 

RobitはAppleが昔販売していたiMacのような丸みを帯びたボディに、2つの車輪とペッパーのような顔が付いたロボット。

重さは1.5キロと軽量で、WiFi・BLUETOOTH・感知センサーなどを内蔵しており、1回の充電で5~8時間稼働することができる。

公開されている動画を見る限り、車輪を使った動きは非常に滑らか。アプリをダウンロードすれば、スマホやタブレットを使って遠隔での操作も行える。

・子供と遊ぶ機能が特に充実

この小さなロボットには機能が満載。ロボットが顔を認識するので家族の在宅状況を確認できたり、ソファーを猫や犬から守ったり、家の中で落とした鍵を探す、朝起こしてくれるといった生活サポート機能を搭載。

特に子供向けのサービスが多く搭載されており、子供にプログラミングを教えたり、一緒にゲームを楽しむこともできる。

アクセサリーを付ければ、トレイを付けて小さなコップを運んだり、ゲーム用のミサイルランチャーを付けて遊ぶことができたり、ガス警報器や室温計で室内の状況を遠隔で観測することもできる。

価格はいくら?

現在、Robitは出資を受け付けており、今なら先着100名のみ329ドル(約3万8000円)に送料で購入の申し込みを受け付けている。

こういったロボットは故障する可能性もあるので、サポート態勢が気になるところではあるが、国外でサポートを受けるのは難しいかもしれない。

 Robit – The World’s Most Affordable Home Robot

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP