ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界初ティラノサウルスを解剖再現 制作はスター・ウォーズ ジャバの生みの親

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「世界初!ティラノサウルス大解剖・恐竜大発見展」
3月19(土)から5月8日(日)にかけて、三重県桑名市にあるナガシマスパーランドにて、「世界初!ティラノサウルス大解剖・恐竜大発見展」が開かれる。

同展は、世界最大級のドキュメンタリー専門チャンネル「ナショナル ジオグラフィック チャンネル」(ナショジオ)が監修。

最新の調査をもとに再現された全長13メートルのティラノサウルスの標本を、世界で初めて内臓や筋肉の構造を本物そっくりに復元・解剖しており、本物の恐竜を捕獲して解剖したかのような臨場感あふれる作品になっているという。

そのほか、最近の発見や研究による成果を反映させた最新・完全版全身骨格「パーフェクト・スタン」やサーボティラノサウルスを模した動くロボット Tレックス

スター・ウォーズ ジャバの生みの親が制作

今回展示されるティラノサウルスの標本は、2015年にナショジオで放送された番組『世界初!恐竜大解剖』に登場した作品。

解剖した恐竜の部位を実際に見ながら、それぞれの特徴や動きを解説する番組は世界でも例がなく、恐竜の生態を新たな視点で学べる内容ということで、高い評価を受けた。

標本の制作は、古生物学者のほか、映画『スター・ウォーズ』に登場するキャラクター・ジャバ・ザ・ハットの生みの親であり、世界的な特殊メイクアップアーティストであるジェズ・ギブソン・ハリスさんが手がけている。

ナショジオでは、本展示の開催を記念して、3月20日(日)から『恐竜アワー supported by ナガシマスパーランド』の特別編成が決定。

『世界初!恐竜大解剖』のほか、新しい観点から恐竜の謎に迫る『CSI:恐竜科学捜査班』、太古の世界で闘った二頭の恐竜に迫る『恐竜デスマッチ:新種の殺し屋』などを放送予定だ。

引用元

世界初ティラノサウルスを解剖再現 制作はスター・ウォーズ ジャバの生みの親

関連記事

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP