ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

amazarashi、文藝誌『別冊文藝春秋』にオリジナル詩を寄稿

DATE:
  • ガジェット通信を≫

amazarashiの秋田ひろむが、1946年創刊の文藝誌『別冊文藝春秋』に書き下ろしの詩を寄稿した。2月19日(金)に主要電子書店にて発売される2016年3月号(322号)の巻頭ページに「青森唱歌」「死の克服」「インダビルディング」「セットリスト」「渋谷の夜明け」という五篇の詩と、詩に対する思いを綴ったエッセイ「詩への一言」が掲載される。

強烈な歌詞世界が定評のamazarashi。現在までリリースしているCD全ての作品には、楽曲と同タイトルの詩集が掲載されているが、楽曲とは別テーマにて詩を寄稿するのは初めてのこととなり、初の文藝誌への寄稿は、歌詞世界の文学性の高さに惚れ込んだ編集部からの依頼で実現した。

また、amazarashiが2月24日にリリースする3rdアルバム『世界収束二一一六』の初回限定盤Aには、秋田ひろむが書き下ろしたオリジナル小説「花は誰かの死体に咲く」と、アルバム収録曲と同タイトルの詩集が掲載された上製本が同梱される。

■『別冊文藝春秋』とは
1946年の創刊以来、井伏鱒二、谷崎潤一郎、川端康成、坂口安吾、三島由紀夫など、時代を代表する作家の数々の名作を掲載してき文藝誌。より広い読者層に向けてリニューアルした2002年以降も、ミステリーからSF、恋愛小説、時代小説、マンガまで、ジャンルを問わず、多くの話題作を掲載している(角田光代『対岸の彼女』、三浦しをん『まほろ駅前多田便利軒』、横山秀夫『64(ロクヨン)』、桜庭一樹『私の男』、中島京子『小さいおうち』、ほしよりこ『逢沢りく』等)。2015年5月より完全電子化。隔月刊行、偶数月20日に主要電子書店にて販売中。
https://www.bunshun.co.jp/mag/bessatsu/

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP